アンティーク好き、紙好き、古き良きアメリカ好きの皆!連休前半は東急ハンズ岡山店で僕と握手!!

4月28日〜5月1日の4日間







岡山市 のイオンモール 岡山 4階  東急ハンズ岡山店さんの店頭お借りして、放浪書房の別の顔



【Time Adventure Record】(タイムアドベンチャーレコード)




で出店致します。旅本は一切ありませんが、物語のあるお洒落な紙モノを沢山お持ちします。



詳しくはBlog記事をご覧あれ。


http://horoshobo.com/?p=10374
http://horoshobo.com/?p=10250





岡山の皆さん、商品にまるっきり不釣り合いでお洒落のカケラもない暑苦しい売り口上でお待ちしております。




20:23 | 店主 | その他 | コメントを書く
3月のライオン

どうも、旅する本屋 放浪書房のとみーです。

実写映画も公開された羽海野チカさんの「3月のライオン」



大好きです。アニメの出来も良かったー!第2期楽しみだー!

さて、3月のライオンの前に、こちらも大人気だった「ハチミツとクローバー」略して「ハチクロ」6.7巻だけを放浪書房では定番商品として置いてます。
http://horoshobo.com/?p=5700



え?全10巻で6.7だけ?



そんなの誰も買わないだろ!?






いやいや、ばかばか売れませんが、居るんです。何人も。買ってくれるお客さんが。旅立たせてくれる人が。この2冊を読んで旅したい!と思ってくれる旅人が。

「6.7巻だけなんですが良いんですか?」

「いや、ここから前後の巻、集めるよ」

「多分、探せば家にあると思うんだけど…このPOP読んだら、すぐ読みたくなっちゃった!」

なんて言ってもらえる。

ハチクロの旅巻には人の目なんて気にせず、自分らしい一歩を踏み出させてくれる力がある。

本当です。

放浪書房見かけたら「ハチクロ 旅巻(上下セット)」

手に取ってみてください。

マジで良い旅ですよ。

あ、

今気付いた…

記事のタイトル間違えてる!誤植!誰だ校正したの!!?

「5月のホウロウ」

こっちが正解ね。

さて、4月21日の深夜から旅商いに出ております。

以前Blogでも書きましたが、今回の旅は放浪書房以外での小商いでの中四国ツアーになります。

http://horoshobo.com/?p=10512

①「タイムアドベンチャーレコード」(アンティーク紙モノ屋)

http://horoshobo.com/?p=10374


②「小商い専用屋台コアキーナのレンタル」(及びイベント企画、プロデュース、小商い空間づくり)



以上2つを組み合わせて各地で商いさせて頂きます。

以下、5月のホウロウ  スケジュールです!

■4月22〜23日
静岡県 三島市 大社の杜 みしま

《 杜のブックフェス 》(終了)
→①②

4月28〜5月1日
岡山県 岡山市 イオンモール岡山 東急ハンズ岡山店

《 アドコラージュシール&アドレコード販売&ミニワークショップ 》
→①

■5月6.7日

愛媛県 松山市 いよてつ高島屋 東急ハンズ松山店

《 紙モノ語り。紙ざっかマルシェ》
→①②



5月12〜14日

広島県 広島市 東急ハンズ広島店

《 アドコラージュシール&アドレコード販売》
→①

5月20〜21日

広島県 府中市上下町
《 上下スタイル発!!アンティーク+ブックフェア+カフェ (@ ひろしま さとやま未来博2017) 》
→①②




こんな感じで旅していきます。

各イベントの空き日はフラフラしてるか、放浪号にこもり、商品作ってるかなんで、いつも通り飛び込みでのトークイベントのご依頼もお待ちしております☆(呼ぶ方も気楽な少人数〜投げ銭式)

9:08 | 店主 | その他 | コメントを書く
常々、「ひとりぼっち」で商いしていこう。そう思っている。

常々、「ひとりぼっち」で商いしていこう。そう思っている。







何もかも、先ずは一人でやってみて、良いことも悪いことも一人で受け止めて、続けていくことも辞めることも自分の裁量で決めていく。責任をとって行きたいと決めている。






その思いは11年間、変わらない。

桃太郎も、ドラクエの勇者も、ワンピースのルフィも、古今東西の胸をワクワクさせてくれる物語全てに共通して言えること。
冒険の最初は「ひとりぼっち」だと言うこと。

ひとりぼっちだからこそ、自分に何が出来るか、何が足りないかが分かる。







倒す敵によってはレベルを上げなきゃいけないし、武器を揃えなきゃいけない。そして、自分に足りない部分を補ってくれて、一緒に戦ってくれる仲間をさがさなきゃいけない。

その為には「ひとりぼっち」でいること。
それが一番重要だと思っている。

これまで出会ってきて、僕が素敵だな、カッコイイなと思った人は皆「ひとりぼっち」だった。

勘違いしないでほしい。
彼ら、彼女らは愛すべき家族に囲まれ、沢山の仲間に囲まれ、お客さんやファン、常に周りには応援してくれる誰かがいる。決して孤独じゃない。
でも、「ひとりぼっち」の自分に常に向き合いながら周りの人達に感謝して、手を取り合い生きている。
それがどこからどう見てもカッコ良い。

自分もそうなれたらといつも憧れている。

常々、「ひとりぼっち」で商いしていこう。そう思っている。
そう思っているからこそ、いつも誰かが力を貸してくれる。誰かしらが見ててくれる。




束の間ではあるが、仲間が出来る。ひとりぼっちなんてとんでもない!有難いなといつも思う



今回の静岡 三島の 地元密着型の商業施設「大社の杜 みしま」で開催した「杜のブックマルシェ」で、改めてそれを痛感した。

http://taishanomori.jp/_smt/



自分が書くと胡散臭くなりそうだから、今回出店してくれた「アズアズ書房」のあずあずのお母さんで一緒に盛り上げ、楽しんでくれたエッセイストの「山本 ふみこ」さんのBlog記事載せます。

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/2016612/2024156/113238642

大社の杜という小商い空間の魅力、スタッフの魅力、ブックフェスを楽しんでもらえた事が文章から伝わってきます。
(+「過去最少出店数で過去最高の盛り上がり」になった要素も見えてきます。)

これ読んだら大社の杜 行きたくなりますよ〜☆


個人的には(2日間家をあけて、帰ったら、家が拗ねていた。)

のくだりが何とも可愛く、ふみこさんのお家ならきっとそんな気性のコなんだろうなと。微笑ましいです。

ふみこさん、あずあず、ありがとう。

来年はトークイベントやりましょう。笑

11:38 | 店主 | その他 | コメントを書く
「お!お!やべ、やべ!パトカー追っ掛けて来た!!」新しいパターンの職務質問に放浪書房ビビる。の巻

静岡県 三島市 の地元密着型商業施設「大社の杜 みしま」で開催された年に一度の本のイベント「杜のブックフェス」



2日間のイベントを無事終えて、皆さんの協力でコアキーナや什器の撤収、荷詰めも終えて



汗を流すべく近くのスーパー銭湯へ。


三島市内に近く、フードエリアも広い為かいつも賑わっている。駐車場も満杯。



1時間程で出て、車を出そうとしたら駐車場にパトカーが入ってくる。



ありゃ、こんなところも巡回するんだ。ご苦労なこって、クワバラクワバラ。



触らぬ神になんとやらと通り過ぎ、する〜っと駐車場を出て東名高速の沼津インターに向かう。



信号で停まると前はさっきのパトカー。



こちとら怪しい粉も持ってないし、気持ち良くなるお薬もキメてない。怯える必要無いけど、やっぱり気になる。




お、曲がった。店の駐車場に入っていく。ラーメン屋?



日本のお巡りさんはドーナツじゃなくラーメンなのね。


ご苦労なこってクワバラクワバラ。




と信号右折、幹線道路に入る。と、放浪書房はドアミラー越しに確かに見た!!


警告灯を消して、放浪号の2台後ろに入る牛カラーの車を!!!




ん?何?俺っすか??


まさかね。何も悪いことしてないよ?


少し走り信号で停まる。ドキがムネムネ。。ドアミラー越しに牛カラー車を注視。







助手席のドアが開き巡査が飛び出し走り寄ってくる来た!













放浪号のドアを警棒で叩き、何やら叫んでいる










右手はホルスターのフラップにかけ、いつそうなっても良いように構えている。






成る程。あえて運転席ではなく助手席からアプローチするのか…若いのにやるな。













後部座席に隠したショットガンを取るには体制悪いな…



放浪書房初めて11年。年貢の納めどきってやつか…
※若干脚色してます。




「運転手さん、すいませんね〜、次右折して停車してもらえますか?」



はいはい。



「びっくりしたよ!仕事柄、車中泊してて職質されるの慣れてるけど、信号待ちで停められるの初めてだよ」




「すいませんね〜千葉ナンバーでお荷物いっぱいで窓目張りされてたんで〜免許証お持ちですか?」



「やっぱりうちだったか〜スーパー銭湯の駐車場ですれ違ったでしょ?信号でも前にいて、急にラーメン屋の駐車場入ったからまさかと思ったんだよ。はい免許証。」



「あはは、すいませんね〜千葉からですか?」



「そうそう。仕事で来てるよ。大社の杜 みしま 知ってる?」



「はい!もちろん!」



「あそこで週末イベントがあってね、屋台什器のレンタルをしてるからその仕事で来たよ。車の後ろは屋台が満載だよ。見る?」




パトカーを先に停めて、年長のお巡りさんも到着。


どんなイベントだったか話し、イベントの模様を写真で見せる。自分の仕事(放浪書房だと説明面倒なんでイベント什器のレンタル業でドサ廻りと)、旅のスタイルを説明する。




はぁー成る程、そうでしたか。とお巡りさん



「このへんて、そんな治安悪いの?」 せっかくだから聞いてみる。旅商人にとって土地の気質は大切なデータになるから。



「このへんはそうでもないです。沼津は悪いかな…」(成る程、メモメモ)



「スーパー銭湯も巡回ルートなの?」



「あそこ、違法駐車多いんです。トラック停まってたの気付きました?大型ドライバーさんが仮眠の為に長時間駐車するから、苦情多いんです」(成る程、気をつけようっと笑)




「分かりました。お停めしてすみませんね。運転手さんくらい話してくれる方だと話し早くてね。もう大丈夫ですから、道中気をつけて☆」



とは年長のお巡りさん。




皆さん分かりました?(誰?皆さん?職質仲間?)



職務質問された時は



【沈黙は金】×




【沈黙は禁】◎








治安が良いと言われている日本だって、お巡りさんは常に用心して職質してます。




相手が黙りこくっていたら、それこそ痛くない腹をサクラダファミリアしなきゃいけない。




疑い前提で対応せざるを得ないんです。



だから、自分の氏素性、どんな事していて、どういった理由でこの土地に来たか。ちゃんと話してあげて、あっちの緊張もといてあげる。

そして、仕事とはいえ向こうも一人の人間。







にこやかにコミュニケーション取るのにこしたことない。それこそ、これも旅の出会いと楽しんでみてはどうでしょう。











とは言え、寝てる所をライトで照らされて起こされたらイラッとくるけどね。笑

10:20 | 店主 | その他 | コメントを書く


_▲_