2009年5月のアーカイブ
アドリブにはめっぽう弱いのよ。(月刊放浪書房 4)
お客様に自箸へのサインをお願いされ テンパりまくるが、満更でもなさそうなキング藤本氏。 「GARAGE SALE」 A山店長の強力プッシュもあり、『...[もっと見る]
たまには本屋らしく、放浪書房店主とみー『オススメの一冊!!』
「モノ・マガジン」でお馴染みの「ワールド・フォトプレス」からとんでもない本が出ました! 『野宿モノというライフスタイル』 どうです!このタイトルだけ...[もっと見る]
いつもと違う旅立ち。行ってきます☆
毎度お馴染みの新宿駅南口の高速バスターミナル。 いつもだと、キャリー一杯の本達を売り切ってやるぞ!!と旅立つのだけど、 今日は違います。 キャリーケ...[もっと見る]
18:03 | 店主 | | コメントを書く
職務質問に遭わないコツ
7
まだ薄暗い時間から会津若松市内を大きな荷物を持って徘徊している男。 職務質問してくれと言わんばかり。 パトカー、すれ違う度に速度を落とすので満面の笑...[もっと見る]
5:57 | 店主 | | 7個のコメント
ある夜の放浪書房。愛用のテントにて。
今の時間は…… 19時を少し回った所でしょうか。 日にちですか? 平成21年5月3日の日曜日。 夕食とお風呂も済ませ、テントの中でこのメールを打って...[もっと見る]
9:20 | 店主 | | コメントを書く
只見線1
2
山って多彩な色の塊なんだと気付かされます。 それに、新緑の美しさはもちろん素晴らしいけど、 車窓から見える古い神社や祠だったり、 線路脇の小さな畑に...[もっと見る]
9:22 | 店主 | | 2個のコメント
只見到着。スコップ抱えた男衆が駅前通りにゾロゾロ…雪かき?、ドブ さらい?…放浪書房埋める?(-.-;)
JR只見線 只見駅に到着です。 駅前、見事に何もない。 けど、駅舎の待合室が観光案内所と地元特産品や土産物の販売スペースにもなっているのが楽しい。 ...[もっと見る]
9:30 | 店主 | | コメントを書く
アルケド、アルケド
1
町のどこに居ても山が見えます。 新緑とまだ残る雪とのコントラストが綺麗だね。 食料品を買い出し出来るスーパー、コンビニ、 食堂、公衆トイレ、銀行… ...[もっと見る]
9:31 | 店主 | | 1つのコメント
”本”とにこの道で、”あの本屋”に行けるのかしら?”本”とに心配 ★
歩くこと30分。 あれ、道間違えちゃったかなぁ… と不安になりかけていた頃、 遠くに看板が見えます 『本』 の一文字。 あったーー!!(>_
9:34 | 店主 | | コメントを書く
”あの本屋”は”街”なのだ。
1
う〜ん、 ”あの本屋”に着いたものの、どうしたらいいんだっけ? ものの本には、「入場料500円払う」とか「事務所で一声かけて鍵を開けてもらう」とか書...[もっと見る]
9:38 | 店主 | | 1つのコメント
絶景ロケーション!築10年のワンルーム
キャンプ場の入場料は700円。 うーん、そのお金で本が何冊買えるかなぁ…ご飯も食べられるなぁ…と渋っていましたが このロケーションを見ちまったら泊ま...[もっと見る]
9:52 | 店主 | | コメントを書く
美味し〇ぼでも、ミスター〇っ子でも、ましてや顎の出たパパも出ませ んけど、それが何か?
時間はまだ11時を回ったところですが、朝4時起きの上朝食から6時間経っており、早くも胃袋インジケーターはレッドゾーン★ ここらで栄養補給しなくては。...[もっと見る]
21:20 | 店主 | | コメントを書く
”あの街”?”この街”?今明らかになる!真の名前とは!?
昼ご飯も食べ終えて、再び”あの街”へ。 レジのお姉さんに無事テント張ってきた事を報告します。 「5月10日まで、”古本祭り”やっていて定価の三割にな...[もっと見る]
7:27 | 店主 | | コメントを書く
放浪書房、本の海に溺れる
”ブックオフ並” とか失礼な事を言いながらも、「本の店」ではなんやかんやで20冊近く買ってしまいました。 エンジン温まってきたぞ〜☆ レジに預かって...[もっと見る]
8:05 | 店主 | | コメントを書く
明日5月8日、文化放送インターネットラジオ『ヤマモト世界旅行社』に 放浪書房出現?!
1
福島県只見『たもかぶ 本の街』探検レポートの途中ですが ちょっとコマーシャル。 明日のお昼から文化放送のインターネット・ラジオ番組『ヤマモト世界旅行...[もっと見る]
明日5月8日、文化放送インターネットラジオ『ヤマモト世界旅行社』に 放浪書房出現?!について、ウチの偉大なウェブ担当から追加記事
ウェブ担当です。 デジタル/ネットラジオ UNIQue! DIGITAL RADIO STATION http://www.uniqueradio....[もっと見る]
2:21 | 店主 | 媒体 | コメントを書く
泳ぎ疲れたら、美味しいお茶はいかが
「え?朝会ったエプロン姿の男性って、カフェ経営されてるんですか?」 「そう。後の建物、”単行本”って看板出てるでしょ?コーヒー飲めるし、ケーキもある...[もっと見る]
8:04 | 店主 | | コメントを書く
ちょっと一休み。本の街には喫茶店が似合うのです。
「こんにちは〜。あ、さっきはどうも有難うございました☆キャンプ場にテント張って自転車借りて出直して来ました。お茶飲めますか?」 「ああ、飲めるよ☆ま...[もっと見る]
19:11 | 店主 | | コメントを書く
旅本探しは大冒険!!
20分も経たずに両手は本で埋まり レジに一時預けて二階へ。 「二階かい?おぉ、見といで。ただ、未整理だから〇〇〇〇あるから〇〇〇〇して〇〇〇〇使って...[もっと見る]
19:23 | 店主 | | コメントを書く
何故に『本の街』?何故に『たもかぶ』??
さてと、 『たもかぶ 本の街』 福島県ののどかな山間のに何故にこんなに素敵な古本の街が生まれたかといいますと 今を遡ること15年前… ハァ〜ベベン、...[もっと見る]
7:59 | 店主 | | コメントを書く
禁断の”うらない館”独占緊急レポート!!
”文庫・新書館”も圧巻の品揃えで、探していた本がぞろぞろ出てきます。 棚全部は埋まりきってなくて、未整理の本が段ボールに入って積み上がっている感じで...[もっと見る]
7:11 | 店主 | | コメントを書く
あーーっ!!忘れてた!
3
”売らない館”で発掘した田渕義雄の本はおっかなびっくりレジに持っていったけど、 オーナーと交渉するまでもなく案外に安く、探していた本だけにウキウキな...[もっと見る]
7:56 | 店主 | | 3個のコメント
「ドラゴンボールZ」の戦闘シーンばりに引っ張りまくり、まだまだ続く、『只見 たもかぶ 本の街』探検記
”本の店”で入場料500円を支払い、茶褐色の鉄の扉を開けてもらうとそこにもズラリと本棚。 ここは”只本館”なのであります。 そう”タダ本(無料)”!...[もっと見る]
7:46 | 店主 | | コメントを書く
『月刊放浪書房』開催!!
3
唐突ではありますが、 ここで 毎月恒例の『月刊放浪書房』のお知らせ☆ 放浪書房津田沼店が入っている津田沼の古着屋「ガレージセール」。その軒下というか...[もっと見る]
『只見 たもかぶ 本の街』CMの後もまだまだ続く!!
戦い終って日が暮れて… 明日、「禁断の古本ラビリンス」(離れの倉庫)に挑戦する旨をオーナーに告げて、一日の埃と汗を流すべく近くの温泉施設へ。 風呂上...[もっと見る]
8:21 | 店主 | | コメントを書く


_▲_