2007年6月のアーカイブ
激変!?
2
ご無沙汰しています。 旅する本屋 放浪書房の店主とみーです。 先週はイラストの〆切りやらバイトやらでパタパタと忙しくて、なかなかららぽーと店に顔を出...[もっと見る]
激変2
(前回までのあらすじ) イラストの締め切りを終え放浪書房ららぽーと店に一週間ぶりに顔を出した店主とみー。 そこにあったのは謎の激変を遂げた放浪書房で...[もっと見る]
黒板
チャリが好きです。 日常の移動手段としても旅の足としても最高だと思います。 忙しい毎日に疲れたら久しぶりに跨がってみましょうよ。 気持ちイイぞ。風び...[もっと見る]
人は外見じゃないなんて言うけど・・
さてさて、今日は千葉より遠路遥々、池袋まで銀行口座の開設に来ました。 千葉県民が何が哀しくてこったら遠いとこの「東京信用金庫」に来たかと申しますと週...[もっと見る]
14:01 | 店主 | その他 | コメントを書く
雨は斜めの点線
3
お昼ご飯にスパゲティーを茹でました。このところペペロンチーノか椎名誠風醤油マヨネーズばかりだったので、久しぶりのミートソース。小さな頃からミートソー...[もっと見る]
17:40 | 店主 | その他 | 3個のコメント
明石行き
4
東京駅八重洲口。 すっかり放浪書房の旅の足となっている高速バス。 新幹線よりもずっと安くて起きたら目的地というのは有り難いかぎりです。 今回の目的地...[もっと見る]
0:21 | 店主 | その他 | 4個のコメント
高速バストイレ事情
3
高速のパーキングやらデパートやら豪華なトイレが話題になりますが、今回乗ったこのバスも。 トイレが無駄にラグジュアリー。 座席シート六つ分はある スペ...[もっと見る]
8:36 | 店主 | その他 | 3個のコメント
市場チェック
2
旅スタイル その二。 市場、商店街の類いは要チェック。 その街の人達の生活が覗ける市場は旅ゴコロの着火剤です。 蛸ぉー鯛ぃー。海の幸が豊富で安い!店...[もっと見る]
13:46 | 店主 | その他 | 2個のコメント
干からびた火星人。ではありませんことよ
いやっほー鯨カツ! これを見て あー懐かしいなぁ給食で食べたなぁーと感傷にひたれる方。 そう貴方! 失礼ですが、30歳以上ですな? いえいえ!恥じる...[もっと見る]
9:27 | 店主 | その他 | コメントを書く
玉子焼き
ここの食べたら他の食べらんないぞ! ノブナガ夫妻オススメの店 「松竹」 ノブナガさんの薄れゆく蜃気楼のような記憶を頼りに明石の街をさ迷う事小一時間。...[もっと見る]
14:03 | 店主 | その他 | コメントを書く
はじめまして
不思議だね。 赤ちゃんがいると周りの空気がふんわり丸く柔らかくなります。 通り過ぎる人達が皆、笑いかけてくれます。 こんなに小さくて、 こんなに無防...[もっと見る]
20:05 | 店主 | その他 | コメントを書く
だぎゃー
何で旅をするの? 旅の何が楽しいの? その質問に何て答えたらいいんだろう。 うーん、 旅する本屋なんて旅気分、旅暮らしの毎日を送っていても未だに答え...[もっと見る]
20:48 | 店主 | その他 | コメントを書く
矢場イ旨さ!
2
ノブナガさん!ラストオーダー21時だってよ!! 高速乗っちゃおうよ!! (さて、名古屋といえば?) トヨタ、喫茶店のモーニング、名古屋巻き、豪華結婚...[もっと見る]
0:37 | 店主 | その他 | 2個のコメント
ひとり旅にこだわる訳
基本的にひとり旅が放浪書房のスタイルです。 誰かと旅するとそこで満足したり完結しちゃうけど、一人だとそうもいかないから嫌でも外に向かったり、自身の内...[もっと見る]
19:15 | 店主 | その他 | コメントを書く
今週のららぽーと店
小学校の図書室。 「マンガ日本の歴史」と「ズッコケ三人組」と「はだしのゲン」が僕の愛読書でした。 その日に限って僕の読みたかった卷が貸し出されちゃっ...[もっと見る]
広島の旅。
2
僕の大好きな本の一節にこんなお話が出てきます。 高山の頂を目指すある登山隊に従っていたシェルパ達がある日、全く動かなくなってしまいます。 困った登山...[もっと見る]
10:08 | 店主 | その他 | 2個のコメント
広島旅2。
広島到着。 朝余裕をもって一本前の新幹線で来たので、バイトの業務開始まではまだ余裕がありました。 とりあえず野宿道具でパンパンのリュックをホテルに預...[もっと見る]
広島旅3 お好み村
タクシーの運ちゃんやホテルのフロントのお兄さんと 美味しいお好み焼き屋何処にありますか? って聞くと いやー何処だろう?人によって全然嗜好が違うから...[もっと見る]
20:11 | 店主 | その他 | コメントを書く
広島旅Ⅳ お好みの謎
なーんて事になっちゃいそうなお客さんの奪い合いです。 なんせ廊下から全部丸見え壁一つ隔てたらお隣りの店のオープンキッチンスタイル。 知り合いの女の子...[もっと見る]
広島旅五 解答編
お好み焼き「ひろちゃん」 おちゃめで可愛くて聡明そうな店名と(あ、ちなみに放浪書房店主の本名 と一緒) おばちゃんの慈愛に溢れた笑顔が決め手になり入...[もっと見る]
22:34 | 店主 | その他 | コメントを書く
広島旅6 続解答編
前回の続き ヘラで十字に切れ目を入れ一片を皿に取り分けます。 断面をマジマジ眺めると 極薄の生地、 キャベツ、モヤシ、葱 豚肉 中華そば 卵焼きと幾...[もっと見る]
7:46 | 店主 | その他 | コメントを書く
無題
おはよーございます。 旅する本屋放浪書房のとみーです。 繁華街近くのクロネコに集配所止めにしておいた革のデカトランクをピックアップして場所探し。 昨...[もっと見る]
10:27 | 店主 | その他 | コメントを書く
本日開店です。
なんだかフラリフラリあと流れ着いた場所には 悲しい戦争の爪跡がありました。 この建物の上空600メーカーで爆発した原爆は 半径ニキロを焼き尽くして一...[もっと見る]
12:01 | 店主 | 出店 | コメントを書く
少し気になりました
どこかの国の幸せそうな家族を原爆ドームで見かけました。 慰霊の碑を前にお父さんが子供たちに語りかけていました。 子供たちはニコニコしています。 なん...[もっと見る]
12:11 | 店主 | その他 | コメントを書く
薄皮クリームパンに蟻
原爆ドーム前の通り沿いの木陰に店を出して 2時間。 程よく頬を撫でる風が気持ち良くて、 薄皮クリームパンをかじりながらうつらうつらしちゃいます。 あ...[もっと見る]
13:44 | 店主 | | コメントを書く
鎮魂の歌
1
被爆者のご遺族の方でしょうか お遍路の白装束を着て、三味線を奏でる女性に出会いました。 低く静かな三味線の響きと、彼女のどこかカラリと渇いたような声...[もっと見る]
18:55 | 店主 | その他 | 1つのコメント
トミとモト
4
放浪書房を営んでいますと、思いがけない出会いの必然性というか、一冊の本の持つ意味や役割に驚く事があります。 1時を少し回ったくらいでしょうか。未だ売...[もっと見る]
ウッ!
広島の繁華街でも1番賑わう本通り。 昨夜目星をつけた潰れた薬局前に来てみればシャッターは開き、作業服のおじさんが掃除や内部点検している。 復活しちゃ...[もっと見る]
9:32 | 店主 | その他 | コメントを書く
「ちょっくら」って可愛い響きなのであります
何だか今日も色々と盛り沢山な一日でした。 というか昨夜から。 住み慣れた?広島市街からちょっくら離れようと思います。 広電(ちんちん電車)に乗って宮...[もっと見る]
21:15 | 店主 | その他 | コメントを書く
宮島夜の顔役
宮島への船の最終便。 桟橋に到着するとこんなに乗っていたんだとちょっとびっくりするくらいの乗客達も各々の家路に帰る訳で。 行く宛ての無い僕だけがポツ...[もっと見る]
0:05 | 店主 | その他 | コメントを書く
いつくしむ
鹿の襲撃もなくゆっくり眠ることができました。 朝一で厳島神社を参拝。 誰もいない回廊を歩き海に突き出た先端まで来ると燈籠の向こうに大鳥居が見えます。...[もっと見る]
17:57 | 店主 | その他 | コメントを書く
えー芸は身を助けるなんて言いますが・・
2
このコらね、 こんなにしおらしく女の子座りなんかしてますけど、かなり擦れてます。擦れっからしです。 枕元にリュック置いて、ベンチで朝の二度寝楽しんで...[もっと見る]
18:27 | 店主 | その他 | 2個のコメント
もみまん
いやぁー宮島名物「紅葉まんじゅう」もバリエーション豊富です。 これは元祖「チーズ入り紅葉まんじゅう」 その他にも、柚子、抹茶、ブルーベリー、カスター...[もっと見る]
18:33 | 店主 | その他 | コメントを書く
穴子めし
えー広島も最終日でございますですよ! 昼食はおごっちゃうもんね! 宮島名物の穴子飯! 創業百余年の「上野屋」特製の穴子飯弁当1470円。 穴子はふっ...[もっと見る]
10:22 | 店主 | | コメントを書く
モミまん一族の逆襲
8
「全日本ご当地アイス愛好連盟」 略して「アイ愛連」 日本全国のぶったまげご当地アイスクリームを求めて東奔西走する奇特な連中の集まり。 放浪書房もメン...[もっと見る]
22:32 | 店主 | その他 | 8個のコメント


_▲_