放浪書房おすすめ!絶対観といて損はない小商い的動画紹介!

 どうも、放浪書房のとみーです。

随分前から動画サイト「hulu」の会員になっております。

テレビCMでもお馴染み、映画、ドラマやアニメ、その他諸々見放題。

http://m.hulu.jp/m



パソコンは勿論、旅先でiPhoneから見えるのも有難い。







しかし、月額1000円…いやいや!それだけの価値がある!だって、これが観れるんだもの!!



 





【ウォーキング.デッド】

http://hulu.jp/show/5239














いや〜もう凄いのなんの…あの世界観にリアルな描写に人間模様。哲学的ですらある。 

これ観ちゃうと、バイオハザードなんて作りもんの世界だぜ!(こっちも作りもんだけど)

まぁ、それはさて置きまして。

ウォーキング・デッド目的で会員になったものの、次のシーズン迄は2.3ヶ月平気であいてしまう…使わないのも勿体無いから何か面白いの無いかしら…と探していて「ドキュメント」の作品にあったのがこの3つの番組!!

まぁ、面白い!!イッキ観しちゃいました!!






これ、本当に小商い的な魅力に溢れています!







こんな人におすすめ!

《古いモノ、物語のあるモノ、その価値を生かす、伝えるような商いをしたい人》



《人との出会いを楽しみながら、自分自身の価値観の中で商いをしたい人》

《隠れた財宝を探し求める旅暮らしの商いをしたい人》

《お互いの知識や技術、スタイルを尊重しながらプロフェッショナルな仲間とチームを組んで仕事をしたい人》

《古き良き文化、先達の確かな仕事をリスペクトしつつ、蘇らせたい、新しい価値を生み出したい人》

上に挙げた魅力が全部この3つの番組に詰まってます!!

あと、付け足すとすれば、

「出演者、一般人??役者じゃねーの?!と疑いたくなる個性豊かな登場人物」




「ウイットに富んだアメリカン・ジョーク」




「吹き替えの絶妙なキャラ設定」







まぁ、騙されたと思って観てみて〜笑









①【アメリカお宝鑑定団 ポーン★スターズ】

http://hulu.jp/show/4432

《ハリソンファミリー(質屋というより、質屋に入った強盗かギャングの様な風体が最高!)が営むラスベガスの老舗質店には訳ありなお宝と一癖二癖もある客達が次々とやってくる。見た目に反しての膨大な知識と経験、造詣の深さ、鋭い目利き眼を持ったハリソンファミリーと1ドルでも高く売って、カジノに行きたいお客との心理戦が面白過ぎ!!孫コーリーの眼がいっちゃってて可愛い。》   


【眠ったお宝探し隊 アメリカン・ピッカーズ】

http://hulu.jp/show/5040

《これぞ、流浪の骨董屋版 van Life!!めちゃ憧れる!腕利きの骨董トレジャーハンターのマイク&フランクは今日もベンツのバンを駆りアメリカ中を旅する。田舎町の裏通りの民家やガラクタだらけの納屋を探索して、アメリカの“埃まみれの誇りあるお宝”を発掘していく2人。それは同時に持ち主さえも忘れてしまった想い出、物語にスポットライトを当てること。「開運何でも鑑定団」をイメージしてはいけません。絵画や壺やら彫刻やらは一切出て来ません!ブリキのおもちゃはまだマシ!(笑)  錆びだらけの空き缶だったり、バイクのエンジンだけとか、そんなもんどうするんだ!とツッコミ入れたくなるものをガラクタの山から引っ張り出して、キャッキャ!はしゃぐ2人の掛け合いはまるで男子中学生の様!(笑 )ほのぼのとしたお客との値段交渉にもピリリと緊張の駆け引きあったり、初対面の相手の心を開かせるコツなんかも教えてくれるし、1番のオススメは番組最後の買い取り額と販売価格(評価額)の差額発表。えー!!マジか!とこっちも一喜一憂しちゃうこと間違い無し!》



【アメリカン・ビンテージ大修復!ビフォー&アフター】 

http://hulu.jp/show/7310





《主人公の修理職人のリックが滅茶滅茶カッコイイ!見た目タフガイだけど、繊細で確かな技術を駆使して、先達の仕事をリスペクトしながら、本来の形に近付けるよう、まさに復元していく。彼のチームも魅力的なキャラが揃っている!見積もりの出し方、相手との交渉術、プレゼン能力。完成後、クライアントへのお披露目のサプライズも含め、プロの仕事ってこういうものなんだ〜!!と毎回心底感心してまう。アメリカンアンティーク好きには本当にたまりません!“餅は餅屋に” 自分達で分からない事、手に負えない部分は仲間のその道のプロに頼る。仕事をシェアする。その姿勢に目から鱗でした》



あ、この順番で観ることをオススメします。

「見つけ出す」→「復元、修理する」→「価値を高める」












「えーーーっ!観たいけどhulu入ってない!!」










ご安心下さい。2週間無料トライアルやってます。よくある2週間後、継続契約に突入も、期間内に退会すれば大丈夫!なはず!一応確認してね。







てか、2週間要りません。放浪書房は3日で見終わりました。













いや〜小商いって、本当にいいもんですね〜☆

それでは、皆さん、さよなら☆さよなら☆

21:30 | 店主 | その他 | コメントを書く
ストライキ

知らぬ間に開けてます。

ようこそ、2017年。



年末あたりから駄々をこね出した放浪書房の旅の宿兼移動手段の「放浪号1号」(ダイハツ アトレーバン 168000キロ)「放浪号2号」(ホンダ ステップワゴン RF3 110000キロ)




2台同時ストライキ。笑







年明けに2号入院させて、今日は退院。迎えに行くのに1号持ってきてホンダの隣のダイハツディーラーに1号を入院させるという。


狙った訳じゃないけど、お隣で良かった良かった☆


旅商いの放浪書房にとって車はただの移動手段じゃなく仕事の相棒。ストライキに合うとお手上げです。

労わってやらなきゃと心底思いました。



さて、今年の目標。

「仕事の結果報告をちゃんとする!」



なもんで、前々から色んな方にリクエストを頂いているコアキーナの総合カタログをインスタグラム上に作っています。



コアキーナを通じて色んな小商人(こあきんど)達の小商いスタイルや見世方の工夫なんかを見て貰えたら嬉しいです。


そんな訳で今年もよろしくメカドック。


…分かる人だけ分かれば良いんです。山形の小松さん辺りば反応してるはず。

11:55 | 店主 | その他 | コメントを書く
ありがとう松江!旅商い報告②【実は放浪書房の最高売上を大幅更新していたりしたのです。】

今回、久しぶりにかなり死ぬ気で商い者ました。笑

3回目の一箱古本市出店。
初のBOOK在月







売上は放浪書房の路上販売、旅商い、イベント出店で過去最高売上でした!






だって、だって、この夜、トークイベントがあったんです。

放浪書房が10年かけて編み出したマル秘トーク術売り口上POP術の全てを伝授する少人数制の小商い実践トークライブ!!







何と、参加費3500円!!




キャッチコピー




「3500円払って、次のイベント出店で30000円売ろう!!」






なのに、売上10000円じゃ洒落にもなんない!!
場所も会場入り口の1番目立つ場所!
 



これで「売れない」「お客さん来ない」なんて言い訳出来るわけない!!



こんなありがたい場所を用意してくれたBOOK在月さんの為にも、イベントへの客引き、会場全体の盛り上げも放浪書房の役割と、呼び込みもお手伝い。

次から次へと訪れるお客さんや、知り合った方とのトークで、他のお店見るどころか、自分の店からも離れられず写真すら殆ど撮れず…




スタート前に唯一撮れたのが、ナンダロウさん!笑
一箱古本市 専用コアキーナ「ハコミセ」試乗?試商テストをして貰いました!

ナイス!レイアウト!ナンダロウさん!



本当に沢山のご来場、ご来店ありがとうございました!

会場はほとんどまわれなかったけど、行きと帰りとお客さんをお迎えして、お見送りして、1人1人の顔を放浪書房が1番見たと思う。







「もう!散財しちゃったよ!本重くて仕方ないよ〜☆」




そんな嬉しい悲鳴とニコホク顔のお客さんに沢山出会いましたよ〜

お客さん、出店者の皆さん、スタッフの皆さん、これからも素敵なブックイベントを松江の町で続けてね〜☆

懲りずにまた呼んでね〜☆


今回、初の行商屋台4台使用…慣れない事もあり、魅せ作りの満足度は6割…あと30冊は売れた…反省点多い。

22:13 | 店主 | その他 | コメントを書く
ありがとう松江!旅商い報告①【山陰の本屋さんとのトークは刺激的でした】

さて、旅に出てから早いもので2週間が経ちました。

松江に着くなり鳥取地震でグラングラン揺れる放浪号。とんでもない幕開けとなりましたが無事、島根県松江でのブックイベントへの出店2つのトークイベント松江の友人宅での隠れ家イベントを終える事が出来ました。









 その後、フラフラ山陰を旅して気付けば広島。

ご報告もまだだったので遅ればせながら…今更ながら…

10月21日(金)  【BOOK在月 前夜祭トーク】








《本とまちのここちよい関係》




https://www.facebook.com/events/1402638743084060/?ti=icl


こちらに出演させていただきました!







司会の“ミスター一箱古本市 ”ナンダロウアヤシゲ”さんとはかれこれ3度目のトークイベントだけど、ご一緒する山陰の古本屋さん、お二方とは面識はナシ。

でも、色々お噂はかねがねの






鳥取県 湯梨浜「汽水空港」の店主 森さん
https://m.facebook.com/kisuikuko/?soft=search

聞けば出身は千葉県千葉市(幕張本郷)!色々、フラフラしてたどり着いたのが鳥取県。

跳び箱を改造した本棚?を引っ張るスタイルで本屋をはじめ、現在のお店は物置をDIYして作ったとか。なんとも「良い匂い」(笑)のする本屋さん。

もうひとかたは島根県 益田市  「享楽堂」の店主  山本さん
http://www.kyorakudo.jp




ハット丸メガネ口ひげ三揃いの背広大正浪漫の世界から飛び出してきた紳士?文豪?文化人?のような、享楽堂さんの出で立ち、キャラ立ち具合にビビる。


(左が享楽堂さん。右はタイムアドベンチャーレコード松江支社長。コスプレじゃありません)

それ以上の驚きは、同い年夢と希望の昭和53(ゴミ)世代!!10は歳上だと思った…




そんな彼のお店は実店舗は無く、インターネット販売専門
扱う本は不思議な本、奇想天外な物語、風変わりな装丁、うっとりしてしまう画集・挿絵本など。

砂糖菓子のように甘く可愛いらしい本から、劇薬的な奇書・珍書まで幻想、ロマンチック、ゴシック、ヴィクトリアン、耽美、異端、ノスタルジック・・・(サイトより抜粋)
二つ名は

《空想家の為の古本屋》




享楽堂さん、Amazonではなく自社サイト。
ネット販売の知識は無いけど、実店舗の商い目線というか、お客さんの懐(心とお財布)を開かせるような雰囲気のある良いお店(サイト)だと思う。

そんな濃ゆい濃ゆいお二人。トークがつまらないわけがなく、本との馴れ初めから、商い的なポイント、今のこと、これからのこと。

さすがのナンダロウエスコート。うま〜く引き出してくださいました。



お客さんも30人以上の満員御礼。ありがたい事です!!

それにしても、古本屋って、変なヤツ多いよなぁ。笑

 
打ち上げにも沢山の方が参加して下さり、楽しい時間でした。



会場となった「グリーンズベイビー」さんの雰囲気もフードも最高!お世話になりました! 

おっと、忘れちゃいけない!このトークイベントの音響を担当してくれたのは島根、松江を中心に活躍するミュージシャンのひうたさんこと、持田陽平さん!

にーに、ありがとう!

21:26 | 店主 | その他 | コメントを書く


_▲_