常々、「ひとりぼっち」で商いしていこう。そう思っている。

常々、「ひとりぼっち」で商いしていこう。そう思っている。







何もかも、先ずは一人でやってみて、良いことも悪いことも一人で受け止めて、続けていくことも辞めることも自分の裁量で決めていく。責任をとって行きたいと決めている。






その思いは11年間、変わらない。

桃太郎も、ドラクエの勇者も、ワンピースのルフィも、古今東西の胸をワクワクさせてくれる物語全てに共通して言えること。
冒険の最初は「ひとりぼっち」だと言うこと。

ひとりぼっちだからこそ、自分に何が出来るか、何が足りないかが分かる。







倒す敵によってはレベルを上げなきゃいけないし、武器を揃えなきゃいけない。そして、自分に足りない部分を補ってくれて、一緒に戦ってくれる仲間をさがさなきゃいけない。

その為には「ひとりぼっち」でいること。
それが一番重要だと思っている。

これまで出会ってきて、僕が素敵だな、カッコイイなと思った人は皆「ひとりぼっち」だった。

勘違いしないでほしい。
彼ら、彼女らは愛すべき家族に囲まれ、沢山の仲間に囲まれ、お客さんやファン、常に周りには応援してくれる誰かがいる。決して孤独じゃない。
でも、「ひとりぼっち」の自分に常に向き合いながら周りの人達に感謝して、手を取り合い生きている。
それがどこからどう見てもカッコ良い。

自分もそうなれたらといつも憧れている。

常々、「ひとりぼっち」で商いしていこう。そう思っている。
そう思っているからこそ、いつも誰かが力を貸してくれる。誰かしらが見ててくれる。




束の間ではあるが、仲間が出来る。ひとりぼっちなんてとんでもない!有難いなといつも思う



今回の静岡 三島の 地元密着型の商業施設「大社の杜 みしま」で開催した「杜のブックマルシェ」で、改めてそれを痛感した。

http://taishanomori.jp/_smt/



自分が書くと胡散臭くなりそうだから、今回出店してくれた「アズアズ書房」のあずあずのお母さんで一緒に盛り上げ、楽しんでくれたエッセイストの「山本 ふみこ」さんのBlog記事載せます。

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/2016612/2024156/113238642

大社の杜という小商い空間の魅力、スタッフの魅力、ブックフェスを楽しんでもらえた事が文章から伝わってきます。
(+「過去最少出店数で過去最高の盛り上がり」になった要素も見えてきます。)

これ読んだら大社の杜 行きたくなりますよ〜☆


個人的には(2日間家をあけて、帰ったら、家が拗ねていた。)

のくだりが何とも可愛く、ふみこさんのお家ならきっとそんな気性のコなんだろうなと。微笑ましいです。

ふみこさん、あずあず、ありがとう。

来年はトークイベントやりましょう。笑

11:38 | 店主 | その他 | コメントを書く
「お!お!やべ、やべ!パトカー追っ掛けて来た!!」新しいパターンの職務質問に放浪書房ビビる。の巻

静岡県 三島市 の地元密着型商業施設「大社の杜 みしま」で開催された年に一度の本のイベント「杜のブックフェス」



2日間のイベントを無事終えて、皆さんの協力でコアキーナや什器の撤収、荷詰めも終えて



汗を流すべく近くのスーパー銭湯へ。


三島市内に近く、フードエリアも広い為かいつも賑わっている。駐車場も満杯。



1時間程で出て、車を出そうとしたら駐車場にパトカーが入ってくる。



ありゃ、こんなところも巡回するんだ。ご苦労なこって、クワバラクワバラ。



触らぬ神になんとやらと通り過ぎ、する〜っと駐車場を出て東名高速の沼津インターに向かう。



信号で停まると前はさっきのパトカー。



こちとら怪しい粉も持ってないし、気持ち良くなるお薬もキメてない。怯える必要無いけど、やっぱり気になる。




お、曲がった。店の駐車場に入っていく。ラーメン屋?



日本のお巡りさんはドーナツじゃなくラーメンなのね。


ご苦労なこってクワバラクワバラ。




と信号右折、幹線道路に入る。と、放浪書房はドアミラー越しに確かに見た!!


警告灯を消して、放浪号の2台後ろに入る牛カラーの車を!!!




ん?何?俺っすか??


まさかね。何も悪いことしてないよ?


少し走り信号で停まる。ドキがムネムネ。。ドアミラー越しに牛カラー車を注視。







助手席のドアが開き巡査が飛び出し走り寄ってくる来た!













放浪号のドアを警棒で叩き、何やら叫んでいる










右手はホルスターのフラップにかけ、いつそうなっても良いように構えている。






成る程。あえて運転席ではなく助手席からアプローチするのか…若いのにやるな。













後部座席に隠したショットガンを取るには体制悪いな…



放浪書房初めて11年。年貢の納めどきってやつか…
※若干脚色してます。




「運転手さん、すいませんね〜、次右折して停車してもらえますか?」



はいはい。



「びっくりしたよ!仕事柄、車中泊してて職質されるの慣れてるけど、信号待ちで停められるの初めてだよ」




「すいませんね〜千葉ナンバーでお荷物いっぱいで窓目張りされてたんで〜免許証お持ちですか?」



「やっぱりうちだったか〜スーパー銭湯の駐車場ですれ違ったでしょ?信号でも前にいて、急にラーメン屋の駐車場入ったからまさかと思ったんだよ。はい免許証。」



「あはは、すいませんね〜千葉からですか?」



「そうそう。仕事で来てるよ。大社の杜 みしま 知ってる?」



「はい!もちろん!」



「あそこで週末イベントがあってね、屋台什器のレンタルをしてるからその仕事で来たよ。車の後ろは屋台が満載だよ。見る?」




パトカーを先に停めて、年長のお巡りさんも到着。


どんなイベントだったか話し、イベントの模様を写真で見せる。自分の仕事(放浪書房だと説明面倒なんでイベント什器のレンタル業でドサ廻りと)、旅のスタイルを説明する。




はぁー成る程、そうでしたか。とお巡りさん



「このへんて、そんな治安悪いの?」 せっかくだから聞いてみる。旅商人にとって土地の気質は大切なデータになるから。



「このへんはそうでもないです。沼津は悪いかな…」(成る程、メモメモ)



「スーパー銭湯も巡回ルートなの?」



「あそこ、違法駐車多いんです。トラック停まってたの気付きました?大型ドライバーさんが仮眠の為に長時間駐車するから、苦情多いんです」(成る程、気をつけようっと笑)




「分かりました。お停めしてすみませんね。運転手さんくらい話してくれる方だと話し早くてね。もう大丈夫ですから、道中気をつけて☆」



とは年長のお巡りさん。




皆さん分かりました?(誰?皆さん?職質仲間?)



職務質問された時は



【沈黙は金】×




【沈黙は禁】◎








治安が良いと言われている日本だって、お巡りさんは常に用心して職質してます。




相手が黙りこくっていたら、それこそ痛くない腹をサクラダファミリアしなきゃいけない。




疑い前提で対応せざるを得ないんです。



だから、自分の氏素性、どんな事していて、どういった理由でこの土地に来たか。ちゃんと話してあげて、あっちの緊張もといてあげる。

そして、仕事とはいえ向こうも一人の人間。







にこやかにコミュニケーション取るのにこしたことない。それこそ、これも旅の出会いと楽しんでみてはどうでしょう。











とは言え、寝てる所をライトで照らされて起こされたらイラッとくるけどね。笑

10:20 | 店主 | その他 | コメントを書く
沈黙の2週間。奇跡の3塁打!!放浪書房の小商い4箇条

どうも、ご無沙汰しています。

旅する本屋 放浪書房 の店主とみーです。

かれこれ2週間以上のご無沙汰です。
気付けば明日から3月。早いなぁ〜

思い返せば1月末に千葉を発ちまして、東名道、山陽道からのしまなみ海道、目指すは四国 愛媛県松山で旅商いしいの、取って返すは関越道で新潟と2週間の旅で走りも走った3000キロ。

一週間後、関西に向かいますが返ったらもうオイル交換…年明けに交換したばかりなのに…
さそれはさて置きまして、ちょっとご報告。

2017年。11年目の放浪書房。







夏までは旅が出来なくなってしまいました。




正確に申せば、旅する本屋が出来なくなりました。






事のおこりは今月はじめの東急ハンズ 松山店さんでの旅商いがきっかけ。

【放浪書房3つの小商い】
の真ん中。




「在庫有限 高収入」(※当社)の小商い。

放浪書房の関連企業。
「タイムアドベンチャーレコード」



http://horoshobo.com/?p=10374


で呼んで頂き、3回目の出店。


流石に飽きられちゃうかな…と心配だったけど


松山店さんが店内ポスターは勿論、地元タウン誌まで告知載せてくれたお陰で新規のお客様に



以前買ってくれたお客様や、初日に買ってくれたお客様がリピーターになってくれたり口コミで広めてくれたりで



連日、満員御礼!!



完全に読み間違えて、最終日を前に在庫出し切ってしまい土下座写真&ごめんなさい!の「残福セール」(残りものには福があるセール)を敢行。




蓋を開けてみれば売り上げ最高記録更新!




おまけに5月の連休にもまた呼んで貰えるという有り難い結果に☆

これだけでも十二分にお腹いっぱいありがとサンキュー!なのに…これだけで終わらなかったのです。

異変は新潟の帰り道。
雪の関越道のサービスエリアに泊まり、朝メールボックスを開くと東急ハンズ銀座店さんから、イベント出店依頼のメールが入ってました。
あら、嬉しい!懐かしの銀座店さん!

と喜んでいたら、翌日は札幌店さん、そうこうしてたら、大阪心斎橋店さん、江坂店さんと問い合わせやイベント依頼が続き、岡山店さん、広島店さん…

一体何が起こってるんだ??!

と松山店のOマネージャーに問い合わせたら、東急ハンズさんの掲示板にイベントの盛況ぶりを載せたら、各店から問い合わせが来て、放浪書房の連絡先を教えたとのこと…









恐るべし!東急ハンズネットワーク!!

どんだけ盛ったんだOマネージャー!!

足向けて眠れないぜ!松山店!!




今現在決まっているだけで。




3月神戸、地元千葉、4月銀座店、4月末〜5月中頃まで、岡山、松山、広島ツアー、6月関西ツアー、7月山形、北海道??てな具合
タイムアドベンチャーレコード創業?年にして夢の3塁打!!カッキーン!!









打ち合わせさせて頂いたり、メールや電話やりとりしたり、商品黙々と作ったり、放浪号改造したり…とこの2週間あっという間でした。







そして、不思議なもんで。こうなると流れが必ず来るもの






小商い専用屋台コアキーナの製作、レンタルのお仕事、イベント企画のお仕事、小商いトークのお仕事まで同タイミングで持ち上がりました。

毎年、「今年はどうやって食べていこう…」と迷いますが、有り難いことに毎年どうにかお仕事頂ける。
その理由はわかってます。






①自分からお願いします!やらせて下さい!は絶対言わない。




②今、その時の商いに集中し、全力でやる。




③目の前のお客さんが求めてる、ちょっと先のご提案をする。無理ない範囲で力をお貸しする。




④常に明るく元気で楽しくいる。







10年間この4箇条を守り続けているからだと思う。だから飽きず(今のところ飽きられず)にやれてる気がします。11年目もこれで良いみたいです。

  

17:43 | 店主 | その他 | コメントを書く
放浪書房おすすめ!絶対観といて損はない小商い的動画紹介!

 どうも、放浪書房のとみーです。

随分前から動画サイト「hulu」の会員になっております。

テレビCMでもお馴染み、映画、ドラマやアニメ、その他諸々見放題。

http://m.hulu.jp/m



パソコンは勿論、旅先でiPhoneから見えるのも有難い。







しかし、月額1000円…いやいや!それだけの価値がある!だって、これが観れるんだもの!!



 





【ウォーキング.デッド】

http://hulu.jp/show/5239














いや〜もう凄いのなんの…あの世界観にリアルな描写に人間模様。哲学的ですらある。 

これ観ちゃうと、バイオハザードなんて作りもんの世界だぜ!(こっちも作りもんだけど)

まぁ、それはさて置きまして。

ウォーキング・デッド目的で会員になったものの、次のシーズン迄は2.3ヶ月平気であいてしまう…使わないのも勿体無いから何か面白いの無いかしら…と探していて「ドキュメント」の作品にあったのがこの3つの番組!!

まぁ、面白い!!イッキ観しちゃいました!!






これ、本当に小商い的な魅力に溢れています!







こんな人におすすめ!

《古いモノ、物語のあるモノ、その価値を生かす、伝えるような商いをしたい人》



《人との出会いを楽しみながら、自分自身の価値観の中で商いをしたい人》

《隠れた財宝を探し求める旅暮らしの商いをしたい人》

《お互いの知識や技術、スタイルを尊重しながらプロフェッショナルな仲間とチームを組んで仕事をしたい人》

《古き良き文化、先達の確かな仕事をリスペクトしつつ、蘇らせたい、新しい価値を生み出したい人》

上に挙げた魅力が全部この3つの番組に詰まってます!!

あと、付け足すとすれば、

「出演者、一般人??役者じゃねーの?!と疑いたくなる個性豊かな登場人物」




「ウイットに富んだアメリカン・ジョーク」




「吹き替えの絶妙なキャラ設定」







まぁ、騙されたと思って観てみて〜笑









①【アメリカお宝鑑定団 ポーン★スターズ】

http://hulu.jp/show/4432

《ハリソンファミリー(質屋というより、質屋に入った強盗かギャングの様な風体が最高!)が営むラスベガスの老舗質店には訳ありなお宝と一癖二癖もある客達が次々とやってくる。見た目に反しての膨大な知識と経験、造詣の深さ、鋭い目利き眼を持ったハリソンファミリーと1ドルでも高く売って、カジノに行きたいお客との心理戦が面白過ぎ!!孫コーリーの眼がいっちゃってて可愛い。》   


【眠ったお宝探し隊 アメリカン・ピッカーズ】

http://hulu.jp/show/5040

《これぞ、流浪の骨董屋版 van Life!!めちゃ憧れる!腕利きの骨董トレジャーハンターのマイク&フランクは今日もベンツのバンを駆りアメリカ中を旅する。田舎町の裏通りの民家やガラクタだらけの納屋を探索して、アメリカの“埃まみれの誇りあるお宝”を発掘していく2人。それは同時に持ち主さえも忘れてしまった想い出、物語にスポットライトを当てること。「開運何でも鑑定団」をイメージしてはいけません。絵画や壺やら彫刻やらは一切出て来ません!ブリキのおもちゃはまだマシ!(笑)  錆びだらけの空き缶だったり、バイクのエンジンだけとか、そんなもんどうするんだ!とツッコミ入れたくなるものをガラクタの山から引っ張り出して、キャッキャ!はしゃぐ2人の掛け合いはまるで男子中学生の様!(笑 )ほのぼのとしたお客との値段交渉にもピリリと緊張の駆け引きあったり、初対面の相手の心を開かせるコツなんかも教えてくれるし、1番のオススメは番組最後の買い取り額と販売価格(評価額)の差額発表。えー!!マジか!とこっちも一喜一憂しちゃうこと間違い無し!》



【アメリカン・ビンテージ大修復!ビフォー&アフター】 

http://hulu.jp/show/7310





《主人公の修理職人のリックが滅茶滅茶カッコイイ!見た目タフガイだけど、繊細で確かな技術を駆使して、先達の仕事をリスペクトしながら、本来の形に近付けるよう、まさに復元していく。彼のチームも魅力的なキャラが揃っている!見積もりの出し方、相手との交渉術、プレゼン能力。完成後、クライアントへのお披露目のサプライズも含め、プロの仕事ってこういうものなんだ〜!!と毎回心底感心してまう。アメリカンアンティーク好きには本当にたまりません!“餅は餅屋に” 自分達で分からない事、手に負えない部分は仲間のその道のプロに頼る。仕事をシェアする。その姿勢に目から鱗でした》



あ、この順番で観ることをオススメします。

「見つけ出す」→「復元、修理する」→「価値を高める」












「えーーーっ!観たいけどhulu入ってない!!」










ご安心下さい。2週間無料トライアルやってます。よくある2週間後、継続契約に突入も、期間内に退会すれば大丈夫!なはず!一応確認してね。







てか、2週間要りません。放浪書房は3日で見終わりました。













いや〜小商いって、本当にいいもんですね〜☆

それでは、皆さん、さよなら☆さよなら☆

21:30 | 店主 | その他 | コメントを書く


_▲_