放浪書房の【旅カタログ】②“食べカタログ”
“人”“生き方”があるように

“食べもの”には“食べ方”

“服”“着方”“商い”にゃ“売り方”。

ジジイの入れ歯はガッタガタときた!




《「旅する本屋 放浪書房」らしい“旅カタ”。参考になるかは分かりませんが、旅に憧れる貴方、小商いを夢見る貴方の羅針盤(ログ)となれば幸いです》

さて、今宵は「旅の食べカタログ」




 

誰かが言った。 

【人生で大切なのは、“何を食べるか”ではなく、“どこで食べるか” なのだ】と。

「え?海近いから、海鮮が新鮮で旨いって?そうじゃないんだよ!そこじゃないんだよ!それなら、千葉だって海の幸美味いぞ!!(海鮮大抵高いし…)」

「え?奢り?」 

「マジで?早く言ってよ〜☆いただきます!全力で!!魚、大好きなんです!僕。」

   

  
 

その街の人達が普通に、いつもの毎日の中で、当たり前のように食べている、“当たり前じゃない”ものにグッと来ます。 

  

  

  

食材が珍しい訳でも、高級な訳でも、伝統の製法という訳でもない。 

凄い美味い!訳じゃないけど(勿論、美味いのもあります)、小さい頃から当たり前のように食べてた。

 

毎日食べても飽きない。もちろん、お手頃プライス。

  

そこに生まれ育った人が土地を離れてみて、不意に思い出す。無性に食べたくなる。

その味の記憶と一緒に、思い出も蘇ってくる。

そんな「その街の食べもの」には旨味成分溢れる、(物語)ストーリーという名のスパイスが効いています。(お!放浪書房いい事言ってね?!)

  

作ろうと思えば、日本全国どこでも作れてしまうかもしれない。 
でも意外と作られてない。 

あの街では、当たり前だったのに。

あー無性に食べたい!でも、自分でも作ろうと思わないんだよね。

あの街の、あの店の、あの席で、食べたい。

そろそろ、帰ろうかな。あの街に。

そう思える「食べもの」がある人は幸せです。 

そう思える「食べもの」を放浪書房も食べたいのです。

また、この街に来よう!
また、この街で食べよう!
そう思えるから。

あーそれね。
東京の○○でも食べられるよね〜☆

そんなことしか言えない不粋な人とは奢りでも、一緒に飯は食えないな。
21:03 | 店主 | 旅カタログ   


_▲_