広島小商いメッセ⑥ なんで?どうして?
「旅をしながら、旅の本を旅先の街で売り歩く」




なんでそんなことしてるの?

よく聞かれます。(笑)
 

 

正直

《滅茶滅茶売れる!》

という訳じゃありません。
旅の資金を稼げはしますが。
バイトして稼いだ方が間違いなく効率良いです。

  

《誰かに褒めてもらえる!》

訳がありません。場合によっては通報されます。(笑)
お巡りさん来たら、素直に謝って片付けます。(笑)
(この頃は仲良くなったお店が軒下貸して下さいます。軟弱になったなぁ)

ただ、頑張ってね!ありがとう!とエールはしょっちゅう贈ってもらえます。

本買って貰ってるのはコチラなのに。

↑これが理由?

うーん、嬉しいし、頑張ろう!とは思うけど、理由の1番ではありません。

答えは?




「旅先の街で、商いをすることで、その街をひと月旅しても見えてこない、街の本当の姿とそこに住む人の気性が見えてくる!」

これが答えです。
  

これ、マジです!

普通に旅してても、なかなか見えてこない街の姿を見ることが出来る。

 それがたまらなく面白い!!
 

それが【 広島 小商いメッセ】の真骨頂であり、“移住定住政策”たる所以です。
   
    
 

少し長くなるんで、次回に続きます。

※ kさん、このまま続けちゃって大丈夫ですか?個人的には、次に繋げる為の「答え合わせ」は大切だと思っていますが、企業秘密?なら消去します。


_▲_