2011年スタート!『旅する本屋 放浪書房祝5周年!』特別企画『旅す る本屋の作り方?』

日付…
2006年4月21日のブログ
タイトル…
『今日の旅する本屋な毎日』
こんにちわ。旅する本屋。店主のトミーと言います。
【↑思い出した!屋号決まってなかったんだよ!この時は】
まず、昨日訪問して下さった奇特な五名の方、ごめんなさいでした。なにぶん初ブログなもので、どうしてよいやら。取り敢えず作ってみたものの、ブログ名だけとは、なんともはやな有様です。
【↑あー!この時はまだ、livedoorブログだ!これ多分、ブログの訪問者カウンターに自分入ってるのしらないでいるな!】
皆さんきっと松浦弥太郎さんのカウブックス関係のブログと間違えてしまったんでしょうね。本当にゴメンナサイ。
【↑三年後、京都一乗寺の恵文社前に来ていた松浦さんと会えたんだよね。ありゃ、嬉しかった】
私トミーの自己紹介はおいおいして行こうと思ってます。
えっ?先にやれって?ごめんなさい。先ずは携帯での投稿に慣れさせてください。
【↑今もそうだけど、パソコン超苦手。携帯で全てをこなしていた。iPhoneは凄い使える!】
そんな訳で、「本日の旅する本屋な毎日」
売り上げ0円 使ったお金0円
今日やった事。
【↑初めの頃はちゃんと、売り上げ報告してたんだよね】
1、「京都での路上販売に向けて、看板をリニューアル。」
雑貨屋さんで1890円で買った、木製のミニA看板にポスカで手書きです。
「旅する本屋」の「屋」の字は半人前以下なので、謙虚に斜めに躓いてます。
2、「妙義山、碓氷峠と都電荒川線の旅スケッチの仕上げ。」
沖縄で描いてた頃とだいぶ雰囲気が変わりました。あの頃はその場で色塗りまでやってましたが、今はケータイのデジカメを使っての、戻ってからの作業。
その時の場面に想いを馳せながら、描いていくのは旅の反芻作業とでも言うんでしょうか?
なかなかに楽しいひと時です。
いつかブログに旅スケッチ載せたいです。うーん、どうすればいいんだろ?
【↑暇つぶしで描いていた旅のイラストはこの後、特製の栞になり、絵葉書になり、吉祥寺にあった旧旅の本屋のまど、東急ハンズでも販売したのです。今年はレパートリー増やすぞ!三年待ちなさい!救世主が現れ、ホームページ作ってくれるから!】
========================
いや〜!どうも皆様。
明けましておめでとうございます!
旅する本屋 放浪書房の店主とみーです。
京都から戻ってからバタバタと用事やら大掃除を済ませて、ほっと一息。
ずずっと、お茶を一口、、、
はっ!!?
2011年に突入!?
マジ?
的な訳でして、放浪書房もなんと、今年の4月で『祝5周年』ですってよ!
奥様!
大事なのは、細々とでも、低空飛行でも、続けていくこと。
ざます。
自分の中の方位磁針が、向いてる方向をしっかり確かめる為にも、ちょっぴり振り返えってみようかと思っています。
題して、
『旅する本屋の作り方』
How to的要素は皆無ですが、
当時のブログを振り返りながら、当時の自分に突っ込みを入れて行きたいなと。
学生時代のアルバムを開くような小っ恥ずかしさ満点!
しばし、放浪書房の軌跡をお楽しみ下さい。

17:09 | 店主 | その他   


_▲_