12月21日夜!【真冬の夜は旅に出よう!キャンドルナイト☆放浪書房】
京都に来てます。
旅する本屋「放浪書房」の誕生の地は、ここ京都の鴨川の畔。
あれから早4年。
北海道、宮城、福島、千葉、東京、静岡、愛知、大阪、兵庫、岡山、香川、徳島、高知、広島、島根
色んな街に行ったし、
神保町の路地裏、古着屋さんの軒下、旅のトークイベントに、旅の野外フェス、銀座の東急ハンズに、美術館、スカイツリーの麓、日本最北端に最東端、
色んな場所で店を出したけど、
やっぱり、京都。
鴨川の畔はイイ。
ぶっちゃけ、半端なく寒いし、人も少なかったけど、
素敵な出会いがありました。
Twitterのつぶやきを見て来てくれたのは凄く嬉しかったけど、
それよりも、
川の畔に立つ、一本の樹の下、
「旅の本、ありマス。」
の旗と、スナフキンの姿に興味を持ってわさわざ対岸から来てくれた人、自転車でUターンして来てくれた人、
何も知らずに、偶然立ち寄ってくれる人がほとんどだったこと。
不意な場所での本との出会いを面白がってくれる人達がこんなにいてくれる。
旅する本屋で、よかったなって。
やっぱり、放浪書房はこのスタイルなんだよな。
原点回帰。
ただいま、京都。
☆放浪書房鴨川店の様子はコチラ→http://horoshobo.com/horoch.html?keepThis=true&TB_iframe=true&height=585&width=480
さて、いよいよ今年の放浪書房も残すところ後一日となりました。
【真冬の夜は旅に出よう!キャンドルナイト☆放浪書房】
日時…2010年12月21日(火)夕方〜
場所…「因幡堂平等寺」
京都市下京区松原通り烏丸東入る
アクセス…阪急電車烏丸駅、地下鉄四条駅より南へ徒歩0分。
市バス烏丸松原よりすぐ。
☆「星供養と音楽法要コンサート」の会場に店を出します。
本が読めなくなる日没には店仕舞いする放浪書房にとって、夜の営業は未知の体験。
灯りはたった4本のローソク、、あ、キャンドルって言うのね。
どんなお店になるのか店主も楽しみ。
お店自体は昼過ぎから出せるとの事なので、夜の寒さはちょっとって方はお昼にお会いしましょう。
音楽法要コンサート、キャンドルアート制作もあります。
防寒対策、ホッカイロは必需品です。
IMG_2890.jpg IMG_5400.jpg
23:11 | 店主 | その他   


_▲_