【この旅は】(お代を頂戴するということは、お客様との命がけの「約束」)

先ずは、昨日一昨日の広島県呉、尾道と2つのトークイベント、そして少し遡って、和歌山県日高川町のトークイベントと足を運んで下さった皆々様、また、主催、お手伝い下さった皆々様


本当にありがとうございました。


【偶然なんかじゃない、必然】


とか良く耳にしますが、あれは半分本当で半分間違いです。



偶然の出会いも、それが2回、3回と重なる、《重ねたいと思う間に必然になる》それが本当なのかなと改めて感じました。



偶然の出会いから、いつか放浪書房を呼ぶんだ!と色々と根回して下さった和歌山県日高川町中津公民館の川合さん、告知して下さり御自身も楽しみにして下さっていた「イハラハートショップ」の井原さん



(null)


(null)

(null)

(null)

(null)


(null)



4年前に呉の一箱古本市に呼んで頂いたのがきっかけでトークイベントを企画して下さった「くれブックストリート実行委員会」の黒星さん、松見さん、奥本さん
場所を提供してくれた「こまもの屋 toro*toro」さん。



(null)

(null)

(null)

(null)

(null)



「いんのしマルシェ」でお隣になった 「青空雑貨店 Bear Home」のくみこさんとお友達の瀬戸さんファミリーが主催してくれて、同じくその時知り合い会場を提供してくれた「USHIO CHOCOLATL/ウシオショコラトル」さん。





(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)





そして、参加して下さった皆々様。

感謝の気持ちで一杯です。




それと同時に正直、不安もあります。


お客様

持ち帰れるものは何かありましたでしょうか?

そして、頂戴した対価に見合うだけの商品をご提供出来ましたでしょうか?

また、出会いたい、呼びたい、買ってみたいと思えましたでしょうか?





【経験や知識、アイディア、形の無いものを売る】


今回の旅の大きなテーマでした。


それをトークイベントという形で「商品」にして「価格」も提示しました。

http://horoshobo.com/?p=8861



お代を頂戴するということは、お客様との命がけの「約束」だと思います。


「あなたが払って下さったお代に見合うだけの商品、サービスです!」


という約束。


それ以上のものを提供出来た時、お客様に「お土産」まで持たせる事が出来た時、お客様はファンになってくれる。
約束を果たせる。

でも、約束を破ったら…

本や屋台のように目の前に現物がある商いよりも【経験や知識、アイディア、形の無いものを売る】ということはこんなにも大変な事なんだ!

と今更実感。


全国にこじゃんといる、自称プロデューサー、コンサルタントの皆さん本当すごいわ…


意外!と言われますが、
30回近く人様の前でお話させて頂いていますが、毎回、死ぬ程緊張します。



「今、地球に巨大隕石が落ちれば、話さなくて済む!」


マジで毎回、そう思います。(笑)


そして、終わった後は力尽きて、トイレでズボンのチャック下ろすのもしんどいくらいヘロヘロになります。
(昨夜、身体の反応速度が笑えるくらい遅く何度事故るかと思ったか笑)


それでも、話す。
対価を、お代を頂戴する。

マゾなんか?(笑)


それでも、やる理由は時に
【お代以上の おひねり を頂戴出来るから】



《何かしたい!最初の一歩を踏み出したい!》


そう本気で思っている方が何かを得て、持ち帰ってくれた時。
芽が出て、花が咲く、いつか実がなる、その最初の一歩の「小さな種」が蒔けた時

やってて良かった!!!(公文式)


と思います。


それにしても、昨日の尾道のお客様は凄かった…

質問がバンバン来て、休憩時間にも相談してくれたり、話を聞かせてくれたり、

さすが、《小商いの聖地》


さて、

4月は予定しているだけで4つのトークイベントに出させて頂きます。(笑)

これからの一年は【経験や知識、アイディア、形の無いものを売る】が放浪書房の大きなテーマです。

何度

「今、地球に巨大隕石が落ちれば!」と願い

「地球よ無事でありがとう!!」


と感謝するのでしょうか。



さあ、帰るぞー!!



東京、千葉の皆さん!

【広島の美味しいギョーショー】

するよ!!

放浪書房が広島の旅で出会った、美味しいや楽しい!を背負子型コアキーナ「ショコラ」に詰めてあなたの街に行商に行きます!

お土産でなく、「売る」という(笑)

10:26 | 店主 | その他   


_▲_