9月29日のトークライブ、つまらなかったらお代はいりません!
なんだったんだ、この一週間は。
3日間、京都で何をする訳でもなくぼんやりしている。
鴨川で、行きつけの銭湯の湯船で、今は三条スタバの納涼床で、夜は車の天井のシミを眺めながらずっと考えごとをしている。
これからの戦いのシュミレーションをしている。
この一週間、本にまつわる沢山の人に会った。
町に住む人に寄り添いながら、外からの風も受け入れる山の中の小さな本屋さんに。
子供達に「ホンモノに触れさせたい」と台風被害にも負けず手作りで本と触れ合う場所を守っている小さな図書室に。
放浪書房が何件も入ってしまうような大きな新刊書店さんの中でお店も出した。
全国に広がる“小さな図書館”の輪。その黎明期にも立ち会った。
小さな流れが生まれている。
徐々に大きなうねりになる事は間違いない。
本に寄り沿い、本を、本と人との出会いを愛する人達が沢山いる。
でも、それ以上に、厳しい現実が目の前にあった。
旅してきた街々に転がっていた。
はっきり言う。
呑気にしてらんないよ。
本を取り囲む未来は決して明るくない。
「どうせ、俺はしがない旅の本屋だし、何も出来ないから」
なんて、死んでも言わない。
独りぼっちでも放浪書房は戦う。
持てる武器で、自分に与えられた戦場で、精一杯戦う。
勿論、全国に仲間を増やすよ。
知らない仲間には伝えるよ。
「一生涯、放浪書房」
旅に、本に、食わしてもらうんだから、
自分が生きる、活かしてもらっている世界の未来を作っていかなければならない。
放浪書房は戦いをはじめました。
先ずはマイクロライブラリーサミットで。
気付いた?
沢山のお客様が来て下さったお陰で結果が早く出た。
戦い方は間違っていないらしい。
帰ったらトークライブをさせてもらいます。
http://ameblo.jp/cafe-ikka/entry-11596293374.html
良かったら来て下さい、
とは言いません。
今回は、絶対に来て下さい。
つまらなかったらお代はいりません。
※会場カフェなんで、ワンオーダー分はご負担下さい。(笑)
※一軒家カフェ ikkA とよしまさん、かおりちゃんゴメン!言っちゃった。
でも、そのくらいの気持ちで話す!だから多分凄く面白くなる!!皆払ってくれる!
と思う(笑)
IMG_5669.jpg
19:29 | 店主 | その他   

2006年4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007年1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12
2011年1 2 3 7 8 9 10 12
2012年1 2 3 4 5 7 8 11 12
2013年1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
2014年1 2 3 4 5 6 7 8 11
2015年1 3 4 6 7 8 9 10 12
2016年1 2 3 4 6 7 8 9 10 11
2017年1 2 4 5 6 7 10 12
2018年1 2 3 4 6 10
2021年9

2021年12月] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

_▲_