旅する本屋台in福島県いわき市 【最初のお客さんが一番大事!それは さておき、放浪書房の引きの強さはちょっとしたもんだと思う。

その日、一番の最初のお客さんが大事。
たとえ一冊の文庫本でも、
その売上、300円を愛用のアークテリクスの緑のポーチに入れるのが大事。
「呼び水」とでもいいますか、
不思議とそこから売れ出す。
これ、商いやってる人なら、きっと、うんうん!頷いてくれるはず。
あ、ちなみに、「お釣り」しっかり用意してない時、不思議と売れないよね。
うんうん!!
さて
「放浪書房史上最エロの旅」が旅立ってすぐ来てくれたのが、大学生のまりちゃん。
「とみーさん、久しぶり!!」
どころの話じゃないでしょ!
4年振り?!
最初に会ったのが、まだ彼女が高校生の頃。
いわきで開催された高橋歩さんのトークイベントの告知と前売りチケット販売を兼ねて駅前でゲリラプロモ出店をした際に知り合い、その後、銀座東急ハンズの放浪書房出店の時にも駆けつけてくれた。年賀状やらたまにメールもやりとりしていたけど、会うのは4年振り?
やっぱ、あれだね、若い女の子居ると他のお客さんの安心度が違うんだよね。
「あら、怪しい屋台ね、、本屋??まぁ、、あら、でも、普通に若い女の子も見てるわ。害はないみたい。ちょっと見てみようかしら、、」
なんて、家族連れ、年輩のご夫婦、ミスド目当てのお客さんも近寄ってきてくれる。
ん?なんか、こちらをニコニコしながら見ている男性が、、
「憶えてないですか?前回来た時取材させてもらった…」
おぉ!あの時の!?
前回来た際に取り上げてくれたタウン誌の記者さん。
たまたまミスドにポンデリング買いにきたら放浪書房居たと 笑
http://horoshobo.com/?page_id=1864
すごい偶然!!
いやー、こりゃ嬉しい再会だな。
偶然はまだまだ続くのだ。
なんやかんやで結構売れ、旅売りの平均を大分上回り、風強いしそろそろ店仕舞いと思っていたら、、、
「とみーさーん!!お久しぶりです!」
まりちゃんと仲良しのかおりちゃん!!え?今盛岡に住んでるんじゃ?
まりちゃんとも残念だねと話していたのに!
何とたまたま親戚の結婚式でいわきに帰っていたと!!?
うわぁーー!!
嬉しいったらありゃしない!!
それにしても、
2人とも、すっかりお姉さんになっちゃってさ、、放浪書房もおじさんになるわけだわ。
自分の進みたい道を模索しながら、頑張ってるんだ。
放浪書房も頑張らなきゃな!
今回が「旅する本屋台」の旅売り初め。
こりゃあ、幸先イイぞ!
明日も頑張ろう。
IMG_1249.jpg IMG_5256.jpg

23:39 | 店主 | その他   


_▲_