路上で変な人に絡まれそうになった時の放浪書房的対処方法。
「許可証あるの?見たところ持ってないみたいだけど」
40代後半だろうか陽に焼けて浅黒い顔したキャップ被った男性が立っています。
公園管理?
でも私服、、非番のお巡りさんて事も無さそう。
グリーンのスタジャンに色落ち見事なストレートのレプリカデニム。履きこまれたスエードのワークブーツ。
これで、グレゴリーのデイパックでも背負っていればとうのたったアメカジ青年なんだろうけど、手に持っているのはクレーンゲームの景品のようなワンピースのチョッパー柄の青いランチバック。
若干呂律もまわっていない。酔ってはいないようだけど。
「ありゃありゃ、まぁた、ややっこしそうな人来たぞ」と警戒しつつ、出方を伺います。
「道路使用許可ですか?勿論持ってないですよ。もう!おりる訳ないじゃないですか?あははは笑」
警察ならこの一言で終了。
「ここ駄目だから、片付けて」
で終わり。
「言ってやりゃあ良いんだよ!俺らの税金で給料もらってんだから!許可証出せ!ってさぁ」
おじさん、目を見開いて怒り出す。
はい〜!警察も公園管理も消えた〜!笑
さて問題。
このおじさんは誰でしょう?
答えは次週発表!!
って引き伸ばす程でもなく、
「中央公園の飲んだくれホームレスを福島原発作業員として次々送り込んだ色々顔パスな手配師」(自称)
だそうです笑
ちなみにチョッパーのランチバックの中には、クレーン、ダンプ、フォークリフトの免許証と名刺が入ってるんだって。
いゃ〜福島原発作業ネタから、千葉のゼネコン裏事情から、下ネタもあり、結構、支離滅裂な話なれど暇つぶしには最適☆
こういう時のコツは
「うわぁ〜面倒くさい人来ちゃったなぁ〜」と思ってもぞんざいに扱わず、《盆暮れしか会わない親戚のおじさん》だと思って対応するようにしましょう。まず面倒くさい事にはなりません。
どころか、おこずかいやお年玉こそ出ないけど、色々と有益な情報を聞き出せたりします。
92パーセントの確率で、最後は、
「まぁ、何かあったら俺の名前出せば大丈夫だから!!何処でも顔パスだからさ!(意味?)」
という心強い言葉と前歯の欠けた爽やかな笑顔を残し、風のように去って行きました。
おーい!
おっちゃーん!
名前はー?
連絡先はー??
名刺くらい置いてけ〜!!笑
23:13 | 店主 | 出店   


_▲_