『本の庭(BOOK GARDEN)』まとめ
嬉しかったのが、予想を遥かに超えて地元のお客さんが多かったこと。
中でも初日に来てくれたお客さんで「京島ラビリンス」を面白がってくれた方が、二日目にも来園して下さり、しかも、地図に載ってないオススメのお店をギッシリ書き込んでくれたのは無茶苦茶感動しました!
ゴロピカ堂と二人で涙チョチョ切れ☆
早速、「観光案内コーナー」に貼り出した所、後から来るお客さんからも
「ここを書かなきゃモグリだよ!」
「あ、ここも外せないよ!旨いんだから!」
と新しいスポットを教えて頂き地図がパワーアップしていきました。
夕方近くには放浪書房の仲間の酔いどれヒッチハイカー旅たろうhttp://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=taroutabiと野宿場所格付け情報誌「ノジュラン」の編集長リッキーhttp://underground-is-warm.blog.so-net.ne.jp/も駆け付けてくれて店頭も賑やかに。
午後6時。『本の庭(BOOK GARDEN)』無事終了。
夜は店内で打ち上げパーティー!普段じっくり話す事の出来ない先輩方のお話を聞けて凄く楽しい一時でした。
さて、二日間終わってみて、古本のイベントとしての集客数、売上だけを見ると他の一箱古本市には及ばないものの、間違いなく「人」と「本」と「街」を結ぶきっかけにはなれたのかなと思っています。
その証拠にまだ未定ではありますが、地元のお店や商店街からも次のイベントの話が持ち上がっていたりもします。
曳舟、押上、向島界隈はこれからどんどん変化して行くんだろうな。
放浪書房は街の成長を追っかけて行きたいと思います。
ご来園頂きました皆様、チラシの配布にご協力頂きました近隣店舗様、ガーデナーの皆様、「LOVE GARDEN」オーナーのCenさん
本当に有難うございました。
平成21年12月24日(木)深夜誰もいないファミレスにて
旅する本屋 放浪書房とみー
Image9761.jpg
4:01 | 店主 | その他   


_▲_