津田沼店、夢の壁画製作!
一月かけて、感動と素晴らしさをお伝えしている福島県只見にある世界最大の古本屋『たもかぶ 本の街』。
感動のフィナーレを目前に「放浪書房津田沼店」のお話を少し……
5月31日の日曜日。放浪書房津田沼店が入っている古着屋「ガレージセール」店頭で毎月恒例の”のんびり外フリマ”『月刊放浪書房』が開催されました。
当初予定していた先週日曜日の開催が悪天候で順延となり、今日がダメならゲストの皆さんの都合がつかずに5月の開催は中止。
二ヶ月前から計画していた店舗外壁のライブぺインティングの最後のチャンスでもありました。
千葉地方、早朝はどんよりした空模様だったものの、天気予報に反して奇跡の逆転ピーカン晴れ!
いやー凄いぞ☆放浪書房の晴れ男っぷり!
いつもより、一時間早くガレージセールに着きテーブルやペンキを準備します。
今回の壁画製作の陣頭指揮をとるのは友人のデザイナーパコ。
放浪書房のイメージキャラクター『放浪くん』の生みの親で先日発売になった『マンガ 放浪くん』の作者です。
一週間前に彼から送られてきた完成予想図は、そりゃーもう素敵で☆
「本」 「古着」 「旅」 「仲間」放浪書房と青山店長が想い描いていた店を的確に表現していました!
嬉しくてついつい友達やお客さんにそのことを話すと
「いいなー!私も壁に絵描きたい!!」
と仲間が増えていきました。
「お、トミちゃんおはよ〜!晴れたね☆バッチリだよ!今日はよろしくね☆」   
ガレージセールの平丸オーナーも青山店長も壁画の完成を楽しみにしてくれてたよう。
太陽に照らされた店の白い壁を見ていると、完成した壁画がありありと目に浮かんできました。
先ずは放浪書房の開店準備。
今日はパコ製作の「放浪くん」「カドネコ」をメインに、先日入荷した英治出版の「ソングライン」(ブルース・チャトウィン著)と、野宿史に残る名作「野宿モノというライフスタイル」をメインに新刊メインの品揃え。
11時頃、クラスメイトのフミちゃんが到着。
お昼からのベリーダンスのお稽古まで手伝うと高田馬場から参戦☆
うぅ、おもさげなかんす…(T-T)
少しして、手作り革アクセサリーを作っているクミちゃんと彼氏のヒトシ君も登場。
月刊放浪書房は今日が初の参戦で壁画製作のアシスタントも兼任。
あ、甘夏さんからメールだ。
階段で腰痛めて、到着1時頃になると。
あ、パコからメール。嫌な予感★
午前中の用事が長引いており、これまた到着が1時過ぎるとのこと……うーむ★
夕方から雨の予報だから早めに取り掛からないとマズイのに…ムムム★
あらら…気のせいか、遠く西の空に不穏な黒雲がモクモクと……
SBSH03331.JPG Image4991.jpg SBSH03351.JPG


_▲_