”あの街”?”この街”?今明らかになる!真の名前とは!?

昼ご飯も食べ終えて、再び”あの街”へ。
レジのお姉さんに無事テント張ってきた事を報告します。
「5月10日まで、”古本祭り”やっていて定価の三割になるよ」(古本の値段は基本定価の半額。必然的に古い本程安くなる)
とのこと!
うーん!我ながらナイスタイミング☆
さぁ、夢にまで見た瞬間がやって来ました…
ずっと来たいと思っていた”この街”…きっと、見た事もないようなお宝が眠っているに違いない。気分は「トレジャーハンター」!!映画「インディー・ジョーンズ」のテーマが聞こえてくるかのよう。
とりあえず落ち着くんだ、放浪書房…こんな時は深呼吸☆
スー、ハー
深々と空気を吸い込むと、鼻孔をくすぐる埃っぽいような懐かしいような、古本の香りが…
あれ?…
しない?…
いたって、普通。
(-.-)
本棚に目をやると、沢山の人の手を旅してきたであろう、古い本達がズラリ…ってあれ?
ん?「美味しんぼ」?
「ONE PIECE」?
ありゃ、コミックがズラリ?
単行本や文庫本もあるけど、つい今まで本屋に並んでいたような、真新しいタイトル。程度もかなりいい。
よくよく探せば、放浪書房好みの本もあるにはあるけど……
ブック〇フ並??
それでも、棚から20冊程度は抜いたけど…
どうしたんだ?放浪書房の期待が大き過ぎた?
お前の実力はそんなもんじゃないだろ!?本気のお前を見せてみるんだ!!
なーんてね☆ご案心下さいませ。
先に写真でも紹介して、放浪書房が初めに入った国道に面したログハウス風の建物は”この街”のフラッグシップ的古本屋で、その名も”本の店”。
程度が良く、比較的新しく、綺麗なコミック、文庫、単行本、女性向け雑誌を集めた
早い話が「入門編」なのだそう。
さて、今まで”あの街”やら”この街”で随分引っ張ってきましたが、遂に本当の名が明かされる時が来ました!
その名も
『只見 たもかぶ 本の街』!!
写真をご覧下さい!なんて事でしょう…「ログハウス風建物が10棟」と「廃棄貨物車数台」には ”2000000冊”を超える古本のが満杯!!
(一日、1000冊以上増えてるらしい…恐ろしい…)
携帯のカメラじゃ、その全貌が写しきれない程!
※一説には『一軒では世界最大の古本屋』との噂も…
し・か・も、同敷地内に、パン屋、スーパー、土産物屋、喫茶店、手作り家具の展示場があるという。
まさに、『本の街』!!
今日から、二泊三日かけて私、「旅する本屋 放浪書房」が『たもかぶ 本の街の探検レポート』をお送りします!!
さてさて、どんな旅(本)が待ち受けているのでしょうか?
乞うご期待!!
SBSH02261.JPG SBSH02591.JPG SBSH0217_2.JPG

7:27 | 店主 |    


_▲_