いつもの道具達

こんにちは。
旅する本屋 放浪書房のとみーです。
いやいや、暑いねー。
田んぼ、畑、森、道祖神、夜になると煌々と光り輝き自己主張する自販機と「日本の正しい田舎」。
「日本の原風景」を色濃く残す富永家の周りにも、やっとさ蝉と蛙の鳴き声が聞こえだしました。
今年は遅かったね。
どうしたのかと思いました。
夏はやっぱり暑くなくっちゃね。
夏が暑いからこそ、その後に来る穏やかで、実り豊かな秋を。凍てつく寒さの中でじっと春を待つ生命に溢れた冬も楽しめるんだなぁって。
そう思いました。
はっ!w(゜o゜)wいけないいけない。現実に戻らなくては!
いやぁー朝起きれませんでした。初めてのゆっくりな出発。
四街道にあるばーちゃんの家に顔を出してから電車に乗ろうと思ってます。
さて、ここに並べた道具達が僕の愛用野宿道具。
みんな短所と長所を持っています。
だけど、その為だけに生まれてきた道具達は不器用だけど綺麗で温かい。
人と同じだね。
今回も宜しくお願いします☆
それではまた。
16:31 | 店主 | その他   


_▲_