行くしかないでしょ

どこから来たの?
千葉!?こりゃまたご苦労なことで。
亀老山、登れるならいっといた方がいいよ。
夕日が見事やから。
この一言で決まりました。
亀老山入り口近くの運輸会社の軒下にカートだけ置かせてもらって登山開始。
思ってた以上の傾斜。
カートを引いていたら確実に夕日に間に合いませんでした。
それにしても街灯一つない山道。帰りはヘッドランプの光りを頼りに降りてこないと。
車から分かり易いようにザックに黄色いTシャツも括りつけておかなきゃ。
途中、木々の切れ間からの眺望。いやがうえにも期待が膨らみます。

22:01 | 店主 | その他   


_▲_