今治店開店

朝早くにすいません。
実は僕、旅をしながら旅先で本や絵を販売しています「旅する本屋 放浪書房」
と申します。
今治一の繁華街。
今治銀座商店街。
案内所が開くのを待って、手づくりの名刺片手に早速営業開始です。
離島フェリーターミナルに程近い今治一の賑わいを誇った銀座商店街も郊外型の大型スーパーに客をとられ、期待していた来島海峡大橋の完成は離島からの客を増やすどころか、これまでメインターゲットだったフェリーターミナルの利用客さえも奪い、大きく立派なアーケードが禍いして消防法にひっかかるとかで車も通れないと言ってました。
みんなどんどん店畳んで、歯抜けだらけですよ。
私らも今日明日にも店閉めんといけんくらいですよ。予備軍ですよ。
そう嘆いていた服屋のおばちゃん。
たぶん全国の商店街が抱えている悩み。凄く同情するけど嘆いていればお客さんが入る訳じゃなし。
今出来ることをしていかなくては。
商店街の生の声を聞いて、より一層この商店街で店を開きたくなりました。
さて、応対してくれた案内所の女性はなにやら電話をかけて事情を説明してくれています。
運命の瞬間。
お待たせしました。空き店舗をご紹介しろとの事なんで、後はそこの持ち主と相談して欲しいとのこと。
つまり、商店街としては露店は構わない。ただし、店前を借りる場合には持ち主と話をつける事。
そう解釈しました。
何個か候補のあった内の一つ。スーパーに続く道と商店街アーケードの交差する場所にある空き店舗。通りを挟んで斜め向かいが大きめの本屋さん。
お客のオコボレに頂戴出来るかもしれません。
因みにこの店の管理は不動産会社。連絡はせずにゲリラ出店です。
旅する本屋 放浪書房今治店。
本日開店です☆

9:09 | 店主 | その他   


_▲_