これも何かの縁

この先に、民族雑貨のお店があるんですけど店長がネパール好きの凄く面白い人なんで行ってみてください!
野宿野郎を全巻買ってくれた高校生の男の子に誘われるまま、放浪書房を店じまいした後、彼の教えてくれた「民族雑貨クロ」の前に立っていました。
正直入るのを戸惑っていました。
何せね、さっき道端で偶然出会った男の子にここの店長が面白いと聞いたんで遊びに来ちゃいました!
とは、なんとも失礼な話。ハァ・・・なんてね、キョトンとされかねないです。なんと話を切り出したらいいもんか、迷っていました。
いいんじゃねーの?これも旅の中の出会いなんだしさ。
ノブナガさんの言う通り。偶然の出会いに導かれて、この店の前に立っているのも何かの縁。ほんと不思議で面白いもんだなぁ。
透明の暖簾をくぐって店の中に入ると、よくあるアジアン雑貨の店に充満する独特の線香やオイルの匂い。ていうか臭い。
あれとは違う、自然でどこか心地の良い匂いに包まれます。
あ、ここ好きかも。

9:18 | 店主 | その他 野宿   


_▲_