ありがとう松江!旅商い報告①【山陰の本屋さんとのトークは刺激的でした】

さて、旅に出てから早いもので2週間が経ちました。

松江に着くなり鳥取地震でグラングラン揺れる放浪号。とんでもない幕開けとなりましたが無事、島根県松江でのブックイベントへの出店2つのトークイベント松江の友人宅での隠れ家イベントを終える事が出来ました。









 その後、フラフラ山陰を旅して気付けば広島。

ご報告もまだだったので遅ればせながら…今更ながら…

10月21日(金)  【BOOK在月 前夜祭トーク】








《本とまちのここちよい関係》




https://www.facebook.com/events/1402638743084060/?ti=icl


こちらに出演させていただきました!







司会の“ミスター一箱古本市 ”ナンダロウアヤシゲ”さんとはかれこれ3度目のトークイベントだけど、ご一緒する山陰の古本屋さん、お二方とは面識はナシ。

でも、色々お噂はかねがねの






鳥取県 湯梨浜「汽水空港」の店主 森さん
https://m.facebook.com/kisuikuko/?soft=search

聞けば出身は千葉県千葉市(幕張本郷)!色々、フラフラしてたどり着いたのが鳥取県。

跳び箱を改造した本棚?を引っ張るスタイルで本屋をはじめ、現在のお店は物置をDIYして作ったとか。なんとも「良い匂い」(笑)のする本屋さん。

もうひとかたは島根県 益田市  「享楽堂」の店主  山本さん
http://www.kyorakudo.jp




ハット丸メガネ口ひげ三揃いの背広大正浪漫の世界から飛び出してきた紳士?文豪?文化人?のような、享楽堂さんの出で立ち、キャラ立ち具合にビビる。


(左が享楽堂さん。右はタイムアドベンチャーレコード松江支社長。コスプレじゃありません)

それ以上の驚きは、同い年夢と希望の昭和53(ゴミ)世代!!10は歳上だと思った…




そんな彼のお店は実店舗は無く、インターネット販売専門
扱う本は不思議な本、奇想天外な物語、風変わりな装丁、うっとりしてしまう画集・挿絵本など。

砂糖菓子のように甘く可愛いらしい本から、劇薬的な奇書・珍書まで幻想、ロマンチック、ゴシック、ヴィクトリアン、耽美、異端、ノスタルジック・・・(サイトより抜粋)
二つ名は

《空想家の為の古本屋》




享楽堂さん、Amazonではなく自社サイト。
ネット販売の知識は無いけど、実店舗の商い目線というか、お客さんの懐(心とお財布)を開かせるような雰囲気のある良いお店(サイト)だと思う。

そんな濃ゆい濃ゆいお二人。トークがつまらないわけがなく、本との馴れ初めから、商い的なポイント、今のこと、これからのこと。

さすがのナンダロウエスコート。うま〜く引き出してくださいました。



お客さんも30人以上の満員御礼。ありがたい事です!!

それにしても、古本屋って、変なヤツ多いよなぁ。笑

 
打ち上げにも沢山の方が参加して下さり、楽しい時間でした。



会場となった「グリーンズベイビー」さんの雰囲気もフードも最高!お世話になりました! 

おっと、忘れちゃいけない!このトークイベントの音響を担当してくれたのは島根、松江を中心に活躍するミュージシャンのひうたさんこと、持田陽平さん!

にーに、ありがとう!

21:26 | 店主 | その他   


_▲_