《放浪書房と高橋歩》カメラマン 大山優
お客さんに対応に追われてゆっくり話すことは出来なかったけど、
僕が八千代台出身であること、イベントの放浪プロモーションとして郡山、いわきを回っていた事なんかを、多分、一方的に話したんだと思います。
実はあんまり覚えていない。
ただ、高橋歩って人はなんとも言えない雰囲気とリズムを持ってるなぁと思いました。
後覚えている事といったら、
《ゲバラ日記》を手に取ったお客さんに
ゲバラ日記は後から先に読んだ方がイイよ。いきなりゲリラ生活の事話されても訳わかんないもんな☆
とフレンドリーに話しかけていた事くらい。

14:25 | 店主 | その他   


_▲_