祭りのあと・・

生まれ育った街を眺めながら一杯やろう。
そう言ったのは、その祭の言い出しっぺでした。
錆て崩れそうな非常階段を登っていきます。
一段登るごとに夜の景色が拡がっていきます。
風は優しく温かでどこかに夏の匂いを含んでいました。
僕たちの街をすっぽり一望できました。
100万ドルとはいかないけど、小さな明かりの下には親しい人達の笑顔があると思うと、香港にも神戸にも函館にも負けないな。
いいよ!この場所!!最高〜!!
椀に日本酒をトポトポ注いで、カツサンドをつまみに乾杯。
おまえらよくやったよ!!
集合写真に写るどの顔も 凄くイイ顔している。
屋台も神輿も太鼓もない小さなお祭だったけど、みんなには祭り囃子の音が確かに聞こえていました。

10:10 | 店主 | その他   


_▲_