土日限定の稲毛の噂の「マルカートカフェ」さんに旅たろうと行ってきた。 (終)《カフェでわしも考えた》カフェ展示、イベントの楽しみ方。そして、人生初のラ テアート!!
カフェには色んな人が来ます。
大部分の方に共通して言えるのは料理や珈琲の味だけでなく そのお店で過ごす時間や空間も大切に感じているということ。
少なくとも僕はそう。
内装、インテリア、小物、まで結構気になります。
そこにはお店のテーマや方向性、営まれている人の人なりも表れるんじゃないでしょうか。
展示やイベントもそうです。
そのお店がどんな繋がりを持っているか、何を大切にしてるかが分かるような気がします。
勿論、内容が自分にとっては興味が無い分野だったり、その時の気持ちや過ごしたい時間とはちょっと違うなぁと思うこともあります。
その時に、ガラガラっとシャッターを下ろしちゃうのは実は勿体無いんです。
当たり障りのない内容ならまだしも、「?」「…」とちょっと違和感を感じてしまうようなテーマだったり、趣向だとしたら尚更です☆
いいお店は、ちゃんと貴方の「?」を「!」に変えてくれる粋な仕掛けだったり、心遣いをしてくれます。
「表現する人」とお客さんをちゃんと繋げてくれます。
だから、軽い気持ちで眺めてみる。どんなふうな受け止め方をしても大丈夫。人それぞれ、色んな楽しみ方や感じ方をして良いと思います。
実は「表現する人」もそれを望んでいるんです。
それが、ギャラリーでの展示イベントとの一番の違いです。
カフェで過ごす時、放浪書房は結構長居してしまいます。
本読ませてもらったり、ボーっとしたり心身ともに「ニュートラル」な状態。
いいお店だと、その虚をついて!(笑)色んな発見や気付きを与えてくれます。
そんな事を、マルカートカフェさんに5時間居座りながら、しみじみ感じたのでした。
あ、そうだ!
人生初のラテアート!!
マルカートカフェさんでさせてくれたの!見て!放浪くん!!
嬉しくて、実況中継を☆
http://twitcasting.tv/horoshobo/movie/9442183
マルカートさん、これ、みんなやりたいよ!そういうサービスして!
教え方上手いから、自分もたろうもすぐ出来た!
飲むの勿体無いけど。笑
以下は放浪書房のオススメのお店です。
「古民家土日カフェ マルカートカフェ」(稲毛)
http://marcatocoffee.blog33.fc2.com/
「一軒家カフェ ikkA」(押上)
http://s.ameblo.jp/cafe-ikka/
「海と空しか見えない崖の上の小さなcafe gake」 (いすみ)
http://s.ameblo.jp/selecthousegake/
「はちどり食堂」(九十九里片貝)
http://s.ameblo.jp/hatidorinikki/
「移動式カフェ ぷちカフェ」
http://s.ameblo.jp/puchicafe-2194/
どれも個性的!辺鄙な場所にあったりするんで営業日、時間は要確認下さい。
「放浪書房のブログ見て!」は絶対言わないようにしましょう。
塩かけられる!八割。歓待!一割。誰それ?一割。
言っても利点はありません。
IMG_0894.jpg IMG_8945.jpg
10:02 | 店主 | その他   


_▲_