3月5日(土)東京スカイツリーの麓、墨田区曳舟駅前に、「1day 野外ふ るほんカフェ」オープンします!

「ブックカフェ」
良いなぁって。
思うのですよ。
単純に、カフェの売り上げと本屋の売り上げの二刀流。
ってだけじゃないはず。
本と珈琲
この二つは切っても切れない感じがする。
あと、カレーね!!
スプーン一本で本を読みながらパクパク食べられるのが良いのです。
ん?
古本(新刊も)、珈琲、カレー
この三つ、どれも特有の「匂い」があるよね。
それが仲良しのポイントなのでしょうか?
神保町なんて、この三つしかないと言っていい!!(言い過ぎました)
放浪書房もね、一回やった事あるんすよ!
実は!
津田沼にある古着屋ガレージセールさん店頭でのイベント「月刊 放浪書房」で。
「野外放浪カフェ」
夏の暑いさなか、立ち止まって本を見てくれるお客さんに、冷たいお茶でも振る舞おう!とね。
売っちゃうと、色々問題があるのです。
ここは、一つ、「振る舞う」
あくまで、サービス。
放浪書房のイメージカラーの緑に合わせて、良く冷えた抹茶グリーンティー!!
評判悪かったなぁ(笑)
餅は餅屋。
二度とやらない。
と思っていたんだけど、ひょんなことから、この度実現する事になりました!
場所は今話題の東京スカイツリーの麓、墨田区曳舟。
ツリーが見える駅前の綺麗な広場。
ネット販売、一箱古本市等のイベント出店、都内近郊に実店舗を持つ、お馴染み、古本仲間の皆さんに
「一騎当千!“限りなくプロに近い”素人カフェ好き集団」
mixiのコミュニティ「東京カフェごっこ」の皆さんと、
この春、江東区森下にカフェをオープンする若きオーナーさんのお力を借りて、
一日だけの「野外ふるほんカフェ」をオープン致します!
「“ブックカフェ”やるって聞いてね、私、本に合う珈琲って何だろうって思ったの」
「本に夢中になっちゃうと、珈琲飲むのも忘れちゃうでしょ?
すると、飲み頃逃して冷たくなっちゃうの」
「だからね、ホットでも美味しくて、冷たくなったらなったで美味しくなる、そんな珈琲がイイなって思ったの!」
とは、東京カフェごっこのリーダー、佐藤さん。
オイラ嬉しくなっちゃったね!
そんな珈琲飲んでみたいもん!!
その為に、珈琲豆のブレンドからやってくれているとの事。
その他には、東京スカイツリーモチーフの焼き菓子、カラダが温まるスープの準備もしているとか。
それだけじゃありません!
子供の味方、一本100円の懐かしい揚げパン自動車販売や、曳舟の人気の中華屋さん、モツ煮込みのお店も出張販売に来てくれちゃう!
正直言おう!
どんな絵ヅラになるか、想像出来ない、、、
出店する方も、間違いなく、当日のお楽しみ☆
墨堤のお花見にゃまだまだ早いけど、4月のふるほん日和の下見と、完成間近の東京スカイツリー見物兼ねて、是非、墨田区曳舟へ。
============================
ふるほん日和Presents
“東京スカイツリーの麓で”
【ふるほんカフェ日和】
○開催日…2011年3月5日(土)11:00〜16:00
○会場…東京都墨田区曳舟駅前広場 (イトーヨーカドー隣 イーストコア曳舟広場)
       
○雨天中止
IMG_2331.jpg IMG_9246.jpg

0:43 | 店主 | その他   


_▲_