いつもの帰り道。知らない所で頑張っている人がいます。
落葉。
銀杏並木の坂道。
アスファルトに敷き詰められた黄色の絨毯は綺麗だけど、
同時に滑り易くて少しばかり危なっかたりもします。
いつも不思議に思っていました。
次の日の帰り道には綺麗に片付いてる。
千葉市の清掃局?
いいえ
腰の曲がったおばちゃんが一人で掃いてました。
誰に言われるでもなく、見返りがある訳でもないのに、
誰にでも出来る事じゃないよね。
「いつもご苦労様です」
無言でペコリと頭を下げてくれたおばちゃん。
本当にいつも有難う。
日が落ちて暗くなった銀杏並木に、今日もおばちゃんのホウキの音が聞こえます。
19:37 | 店主 | その他   


_▲_