ちょっと一休み。本の街には喫茶店が似合うのです。
「こんにちは〜。あ、さっきはどうも有難うございました☆キャンプ場にテント張って自転車借りて出直して来ました。お茶飲めますか?」
「ああ、飲めるよ☆まぁ、ゆっくりしていきな」
エプロンの男性の名は石津さん。
ここ喫茶店『I'll Be』のオーナーで神奈川出身。
店を始めてから一年経つとのこと。
元々、『たもかぶ』の”単行本館”だった建物を買い取り、改装して喫茶店を作ったそうです。(たもかぶでは”中身込み”で建物や貨車の販売もしているとのこと。ちなみに一棟580万円)
勿論、喫茶スペース以外は二階まで古本がぎっしり。薪ストーブがあったり、雑貨や小物、CDが売っていたりと個性的☆
早く、”潜りたい!”という衝動を抑えつつ窓際の席に座ります。
「コーヒー、紅茶どっちにする?ジュースもあるけど」
「あ、じゃあ、紅茶下さい!え?葉っぱですか?よく分からないんでミルクティーが美味しヤツで☆」
「お☆嬉しいね!そう言ってくれるお客を待ってたよ!ミルクティーなら”アッサム”だな!待ってろよ。この辺じゃ飲めない美味い一杯いれてやるからな!」
聞けば、始めは古本屋としてスタートするつもりで、来てくれるお客さんに”まぁまぁ、お茶でも飲んでゆっくりしてってよ☆”と無料サービスで インスタントコーヒーを振る舞う…そんな予定だったのが凝り性の石津オーナー、豆を厳選して自分で挽いて、となると甘いモノでもと奥様手作りのケーキも出してと…今の喫茶店の形が出来てしまったということ。
ポットにタップリ入った自慢のミルクティーとケーキのセットで600円!(店内の古本を1000円以上お買い上げでコーヒー、紅茶無料)
どちらも美味いし、お店も落ち着いた雰囲気で居心地もイイ。
本来なら買った本を取り出してニマニマと眺め、今日の戦果を喜ぶ☆
なんてのが正しい過ごし方なんだろうけど…
あぁ…本が気になって、居ても立ってもいられない…ウゥ…★
慌ただしく、ケーキを平らげお茶を飲み干し、またまた古本の海へ…
SBSH02281.JPG SBSH02291.JPG SBSH02301.JPG
19:11 | 店主 |    


_▲_