ある夜の放浪書房。愛用のテントにて。
今の時間は……
19時を少し回った所でしょうか。
日にちですか?
平成21年5月3日の日曜日。
夕食とお風呂も済ませ、テントの中でこのメールを打っています。
トランギアのアルコールストーブで煎れた温かいミルクティーをサーモスの携帯マグに詰めました。
夜、口寂しくなった時の為にさっきスーパーでこっそりポテチと”ブラックサンダー”買ったし、
パンツと靴下も履き変えたし、新しく買ったウールの長袖シャツも着ました。
準備万端です☆(何が?)
今年最初のキャンプの夜を迎えます。
近くのキャンプサイトから聞こえてくる楽しそうな夕餉の声。
薪の爆ぜる音
川のせせらぎ
森が夜を迎える時に聞こえる
コオォ…という静かな音
匂い
フカフカと寝袋に包まってごろんと寝転ぶとテントの窓からは雲に溶けたお月さんと、照らしだされた白樺の木のシルエット。
遠くに列車の走る音。
いやー☆いい夜だぁ〜
さて、
多分このメールを皆さんが読んでいるという事は、放浪書房はもう只見にはいないかもしれません。(何だか遺言メッセージかブレア・ウィッチ・プロジェクトのビデオテープみたい(-.-;))
というのも只見地区は圏外なのです。SoftBank携帯。
こら!人口カバー率98%の残り2%に大当りかい!!
そんな訳で今作っているメールも、これから更新されるメールも今、皆さんのいる時間から少し遡った、
”ちょっぴり前の放浪書房”
はじまりはじまり〜☆
9:20 | 店主 |    


_▲_