うどんが泊まりにきたのに……
どうも放浪書房です。
とみーです。
なんかご無沙汰しています。
先週末からの神保町ダイバー前の軒下出店、身体壊して高熱でノックアウト★
昏睡。
まだ、咳と鼻水がトクトクでます。
旅仲間の『うどん』が関東来ていてせっかく家に泊まりにきたのに、ろくに話も出来ず…店にも行けず…嫁さんも見れず…うぅぅ★…申し訳ない。
西表島のキャンプ場で知り合った彼は、大学生の時食べた讃岐うどんの旨さに惚れ込み、名店で修業した後、二年間に及ぶ 全国武者修業の旅に出ちゃうんです。
中古の軽ワゴンにキャンプ道具とうどん打ちの道具積んで。
古本以上に許可が難しい食べ物の露店ですから、
出店場所見つからずに苦労もしたそう。
そっから、彼らしいやり方で運命を切り開いていっちゃうんだよね。
知り合った人の家でホームパーティーという形でうどんを打ち、次の人を紹介してもらうという。
友達の友達は皆友達!
世界に広げよう『トモダチの輪』的手法で、二年間かけて日本を縦断しちゃいました。
そして、この春、故郷の京都綾部に店を開くという。
いやー間違いなく大繁盛ですよ!!
放浪書房、うどんが作るうどん以上に旨い讃岐うどん食った事がないもん!!
二年前に、旅立つ前の彼を訪ね、最高に旨いうどんを食ったお話。
blogに載ってます。
多分。
尾道旅の始まり辺り。
※うどんは本名じゃありません。キャンパーネームです。本当の名は竹原君というらしい。
ホームページあるらしい。
うどん、これ見てたらリンク貼らせて。
19:25 | 店主 |    


_▲_