昨日の神保町。放浪書房の元に古本の神降臨!
どうもこんばんは。
旅する本屋 放浪書房のとみーです。
昨日の放浪書房神保町店は天候、立地、客室にも恵まれなかなかの売上を記録する事が出来ました。
10時半に神保町駅からすぐ、靖国通り沿いの撤退した三省堂書店の文具・レコード館前に集合!……とメールしたのに誰も来る気配なし……放浪書房のキャラクターデザインをやってくれてるパコは11時過ぎに。
ヒッチハイカーのたろう君は昼過ぎになるし、のじゅキング藤本氏に至ってはメールの返信すらない……
なんだいなんだい!!
せっかく”サクラ”を頼んだというのにこれじゃ格好つかないよ!とプリプリ怒り、オタオタ焦りながら設営開始。
間もなくモノマガジンの松浦さんとカメラマンさんが到着。
とりあえず写真撮影に入る。
すいませんこれ下さい。
ハイ!有り難うございます!1、2、3…3冊で1200円になりますね☆
あ、今日最初のお客さんなので良かったらお好きな絵葉書を一枚どうぞ!
最初のお客さんが買ってくれるとそれにつられるかのようにひっ切りなしにやってくるお客さん。珍しく、取材もままならない程の大盛況となりました。
人が人を呼び、面出しで並べてある本がどんどん売れて行きます☆
さすが神保町。文庫本はまとめ買い。野宿野郎、旅のかばんもよく出ます。
凄いねぇ、売れるもんだねぇとは松浦さん。
おかしいです。ありえません。この後悪い事が起こるかも…とは僕。
パァーー☆どうやら古本の神様が舞い降りたようです。
SBSH0045.JPG
0:11 | 店主 | 出店 媒体   


_▲_