愛することも・・・

もしもし、突然のお電話すみません。竹原さんのお電話で間違いないですか?
はい、そうです。
実は僕、西表島のミトレアキャンプ場で一緒だった富永と申します。
おぉ!!☆
うどん?久しぶりだね!覚えてる!?
おぉ、覚えてるよぉーっ!!
「愛 死 美 絵 無」だろ!!
「愛 死 美 絵 無」
「アイシービーエム」
「愛することも 死ぬことも美し過ぎて絵に無らない。」
この言葉を合言葉に沖縄の離島 西表島に流れついた三人の旅人がミトレアキャンプ場を舞台に愛と感動、スリルと冒険!常にすきっ腹の日々を送ったのが今から五年前。
とみーこと私、放浪書房。
京都の学生で四国を旅した際に偶然出会った山の中のうどん屋に惚れ込み弟子入り。大学卒業後、本格的に修業を始めるという、通称「うどん」こと竹原君。
そして西表で遭難した友達の遺体を捜しにきたクライマーの「ノブナガ」さん。
一度、三人で上野で遊んだきり連絡もとらずに月日は流れました。
きっかけは一週間前。
日曜にたまたま見ていたフジテレビの「ザ・ノンフィクション」。
出てるじゃないの、うどん!
三年の修業を終えて実家京都に戻り、畑の真ん中に作業小屋を借りて讃岐うどんの店を開いているとのこと。
懐かしさと嬉しさが込み上げて電話したという訳なんです。
待ってろよ!うどん!
「いま、食いにいきます。」

10:41 | 店主 |    


_▲_