閉店のお知らせ
放浪書房さーん。
凄い売れたんですよ!
ほら、残りこれだけ。
うわっ!ほ、ホントだ!・・・
確か始めに20冊納品してるはずだから、残りが「館山旅」を綴った4冊だから・・・
うわっ!
16冊も売れたんだぁ!(>_<)
凄く久しぶり、四ヶ月振りに顔を出した神保町の「書肆 アクセス」さんは去年の冬あたりから放浪書房のオリジナル商品「旅する豆絵本《旅豆》」を置かせてもらっている本屋さん。
前回に来た時はさっぱり動きがないとの事だったのに・・・
何が起きたんだろ?
本当の所、今日だって売れ残っているだろう旅豆の撤収に来たのに・・・
空白の四ヶ月に一体何が?
あの後ね、結構出たのよ。
この前は日本語もあまり出来ない中国の女の子が喜んで買って行ったわよ☆
絵だけ見ていても充分に楽しめるものね☆
後、旅の本って寒い季節はあんまり動かないみたいね。
お客さんに話しているの
この人は日本全国周って旅をしながら旅の本を売り歩いているのよってね☆
本当に本当に有り難い限りです。
海の向こうに住むの人のポケットや机の引き出しに《旅豆》がコロンと入っていて、たまに眺めて日本を想い出してくれてるのかな。
大好きな人へのプレゼントだったりするのかな。
凄く嬉しい。
見栄えがイイ訳でもないし、バンバン売れる訳でもない。話題の本でもなんでもない、家内製手工業の小さな旅の本を一冊一冊丁寧に売って下さる書肆アクセスの皆さん。
本当に本当に有り難うございます。
放浪書房はこれからも旅を続けていきます。
絵を描き続けていきます。
これからも放浪書房と旅豆をどうぞ宜しく!!
追伸、
書肆アクセスさんは11月で閉店される事になりました。
全国の小さい出版社や個性豊かな自費出版物や雑貨も扱う素敵な本屋さんです。
放浪書房も顔出す度に付き合いを越えて何かしら飼わずにいられない凄い本屋さんです。
素敵な店員さん達のいる本屋さんです。
扉を開けると懐かしいインクと紙の匂いがする本屋さんです。
場所?
神保町駅を降りて、すずらん通りをプラプラ歩いてみて下さい。
あ、けして大きなお店じゃないですよ。
でも不思議なオーラが漂っているのですぐ分かると思います。
たまらん本屋さんです!
11:19 | 店主 | その他   


_▲_