旅のはじまりは誰かの一言だったりするのです。
前回の広島の旅。
初めてのお客さんはEXILEのライヴを見に来ていたカップル。
へぇー☆旅しながら旅の本売ってるんですか!?
おもしろーい!!
僕ら松江から来てるんです!
是非来て下さい!
正直一生暮らすのは嫌だけど、
夕日・・しんじ湖に沈む夕日は最高なんです!!
しんじ湖の夕日。
その言葉がずっと心に引っ掛かっていたんです。
この夏の旅は長崎。大浦天主堂見て、グラバー邸見て、トルコライス食べて、皿うどん食べて、ちゃんぽん食べて・・・
だったのに。
ある日セドリしに入ったブックオフで手に取った「るるぶ 松江 出雲」
夕日の写真に眼が釘づけ。
るるぶはこの一冊だけ。
放浪の神が囁きました。
夕日の放浪書房。
やってきたらいいんじゃない?
そんな訳で、
船橋ららぽーと店に書き置きをして出てきちゃった。
「また旅の虫が騒ぎだしました。夕日を見に行っています。 店主」



_▲_