風呂が無くたって!テーブルクロスが”バスタオル”だって僕等は旅に 出るのさ!!(月刊放浪書房 1)
2

どうも。
おはようございます☆旅する本屋 放浪書房の店主とみーです。
今日は遠足です。
高尾山です。
「野宿野郎5号」の企画「中央線沿線野宿野郎手売り旅」以来。
わぁーかれこれ三年経つんだ。感慨深いです。
天気晴朗ナレド風強シ
風が冷たいのでお出かけの際には一枚羽織るモノをお忘れなく。
さてさて
一昨日の古着屋GARAGE SALE前での『月刊 放浪書房』出会いとハプニングに溢れた楽しいイベントになりました☆
ご来店頂いたお客様、近隣にお住まいの皆様、片道2時間かけて参加してくれた藤本氏、そしてGARAGE SALEスタッフの皆様。本当に有難うございました!
相変わらずの事後報告ではありますが昨日の様子アップして行きます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
不定期で何となく開催していた、「古着屋GARAGE SALE」前の出張放浪書房。
毎回ゲストに変な酔っ払いヒッチハイカーや手作りのブックカバーや布小物を作ってる方を呼んだりと、『旅本+α』で過去2回やって来ました。
今回からはイベント名も 『月刊 放浪書房』に変えてリニューアル!!
うーん、じゃあ豪華にゲストを二人呼んでしまおう☆と声かけたのが前回手作り布小物と絵本が好評だった「甘夏書店」さんと、何かと放浪書房と縁の深い「沖縄人力紀行」の著者にして、野宿界の陰のドン「野じゅキング藤本」氏の異色のツートップ。
しかし、神の悪戯か甘夏書店さんが土曜日の雨のせいでイベントが日曜に順延となりキャンセル。
『旅本+野宿』じゃあまりにも濃ゆいし、一般受けはしなさそうなので…
A山店長にお願いして、店内の輸入雑貨を本と交互に並べてみました。
ポーランド製のカワイイ「ホーローのカップ」(放浪書房だけにね)
ワッペン
お香
アンティークの布
ヨーロッパのヴィンテージキーホルダー等。
いいねいいね☆
”蚤の市”っぽい雰囲気。
藤本氏は自著の「沖縄人力紀行」の『アウトレット本』(書店から戻って来た本で小さい傷、擦れのあるものらしい。言うなれば新古本)で定価1200円→なんと、700円!!
その他は、要注目の「アンチ野宿野郎!?的ミニコミ誌」『野宿魂』と「前時代的・三畳一間!?系ミニコミ誌」『風呂なし野郎』が千葉県初上陸!と予想を上回る濃さ!
「キング、津田沼はオシャレなお客さん多いし、お店の販促の意味もあるんだからね!いつもの”ブルーシート”はNGね!

(これで、野宿魂、風呂なし野郎じゃシャレになんないんで…)
ちゃんと守ってくれたキング。
「ん?何そのテーブルクロス…変わってるね★何それ?バスタオル…?(-.-;)」
この人、やっぱ凄いな。
よし!放浪書房も負けてらんねぇーぜ!
神保町でも人気だったこのセール!!
津田沼でも開催です!!
SBSH01901.JPG SBSH01911.JPG

7:48 | 店主 | ガレージセール   


_▲_