日米不和
3

煙草の煙りがそんなに嫌やったら、どこぞのホテルにでも泊まれや!
なんや、感じ悪い!!
ゴーマイルーム!!
GWの賑やかさが嘘のように閑散としてしまった宿でちょっとしたゴタゴタがありました。
当事者は宿に長期宿泊している日本人でシューゾーさん。
そして、アメリカから来た外国人旅行者アンジェラさん。
僕のお世話になっているウノハウスでは、共用スペースとなっているダイニングキッチンと廊下の机と椅子のあるスペースでは喫煙出来るようになっています。それ以外の場所では基本禁煙。
寝る時以外、殆どの時間をダイニングで過ごすシューゾーさんは今夜も食後のデザートの林檎を噛りつつ、大好きな煙草をくゆらしていました。
そこに居合わせたのが、食事に来ていたアンジェラおばさんです。
確かにね、
会話をしている限り(と言っても、知ってる英単語でなんとかね)
ちょっぴりね、ウルサイ人というかね、偏屈な所があるみたい。
スーパーで買ってきたサンドイッチをマズソウに噛りながら、
日本の食べ物は最高においしいわと言ってみたり。
私は英語しか喋れないの。英語でお願い。とか言ってみたり。
ちょっぴり皮肉屋。
普段はね、自己流の英会話で話しかけるシューゾーさんも今夜ばかりはいやに静かに、そして何か言いたそうに僕らの会話を聞いていました。
シューゾーが怒りだしたのは次の瞬間です。
何を思ったかアンジェラ叔母さん、
シューゾーさんに向かって団扇を扇ぎだしたんです。
ええ加減にせえよ!!
気分悪いのも程ほどにせーよ!!
後は冒頭の台詞に続きます。
何を言われたのか、気付かないのか、しかと決め込んでるのか、アンジェラ叔母さん意に解せず。
見てるこっちはヒヤヒヤもの。
通訳してくれてたコサカさんが叔母さんを、僕はヒートアップしていくシューゾーさんを宥めます。
まぁ、最終的には何事もなく収まったものの。
喧嘩てのはね、周りで見てる人間の方がヒヤヒヤしちゃいます。
これがね、言葉が分かるもの同士なら話は別です。
気まずい思いしても、話し合えば分かるっていうものです。
実際、シューゾーさんはルールを破って吸ってるわけじゃないからね。
アンジェラおばちゃんも決して悪い人じゃないんです。
今回は夫婦二人で来る時の予行練習なんだって
旦那さんと息子さんの写真んをあんなに楽しそうに見せてくる人ですよ。悪い人の筈がない。
きっとね、寂しかったんだろうな。
言葉も習慣も違う異国の地に家族からも離れて一人じゃね。
寂しいよね。だからつんけんしちゃったんだね。
デジカメが壊れて写真を撮れないというアンジェラ叔母さんに、
旅の栞をプレゼントしました。
貴方の旦那さんと息子さんにプレゼント。
まぁ、どうしましょう!
嬉しいわ!
アンジェラおばちゃんの人懐こい、かわいい笑顔がありました。
旅は道連れ世は情け。
仲良くいきたいもんです。

0:53 | 店主 |    


_▲_