野宿打ち合わせ?
7

あれ?東京古書会館ってココのはずなんだけどなぁ。
本日は閉館致しました。
だって。
趣味の古書展という催しやってる筈なんだけど??
相変わらずネットでちらっと見て、会場住所も確かめずに来たもんですからこのザマです。御茶ノ水で下りるのは間違いないんだけどなぁ。
まぁ、いいや。縁が無かったということで。
靖国通りに出るとそこは世界一の古書の街神田神保町。
関東一円から本好きが集まるこの街は集英社、小学館(あ、この二つって一ツ橋グループ傘下の関連企業なのね)をはじめとした出版社、編集プロダクションが集まった出版の街でもあります。
実はその昔、この街でバイトしてた事があって勝手知ったる我が家的な街なのです。
古本、出版の街に加え大学も多い学生の街なんで旨くて安い食い物屋も多い☆
そして白山通りには楽器屋さんも軒を連ねる音楽の街☆
てことは?「古本と出版と音楽と学生の街☆」よーし!もう一丁いくぞ!
靖国通りにはビィクトリアをはじめウィンタースポーツ、ゴルフ、アウトドア用品がなんでも揃うスポーツ用品の街☆でもあります。
うーん。こうなるとあの界隈はやたらめったら「〜の街」的な街なのですね。
アド街ック天国も真っ青!の「なんでもござれ街」☆ベスト30じゃ足りないよね。
さて、そんなこんなで 「夏近し隣は野宿をする人ぞ」と「旅ゴコロ」というか「野宿ゴコロ」をくすぐられる季節☆アウトドア用品店を覗いては春夏の新作野宿道具を物色しつつ秋葉原方面に向かいます。
なんで夏は野宿?
うーん本当はそんなにいい季節じゃない筈だよね。
暑い、雨降る、虫が多い。
のにね。初めての野宿旅が真夏の四国だったのもあるし、僕は行った事ないけどフジロックなんかのキャンプ込みの野外イベントが多いせいかも☆
あと、青春18切符☆これを忘れちゃいけない!
駅の壁になんとも旅ゴコロをくすぐるポスターが貼られ始めたら要注意ですよ☆
わー随分脱線しちゃったぞ。
なんの話でしたっけ?
そうそう野宿が熱い☆って話。(そうだっけか?)
実は昨日ですね、思いがけないお方からお電話を頂きました。
なんと、この前blogにも書きました「野宿野郎」の編集長殿からです☆☆☆
それというのもですね、編集部宛てに
「私、放浪書房を野宿野郎の神出鬼没の販売特約店兼美人でも東大出でもない怪しいメガネの広報担当にしてして!!」
と題しました失礼極まりない内容の手紙を出してあったんです。
来週末にお会い出来ることになりました☆
しかも野宿しながら☆
熱いぜ☆野宿野郎☆
その顛末はまたブログにて。

23:19 | 店主 | その他 野宿   


_▲_