放浪書房と旅をしてくれる本を募集しています。
8

放浪書房を通して、まだ見ぬ沢山の「旅に憧れる人達」にアナタの本を読んでもらいませんか?
本の形式は問いません。
単行本、文庫本、雑誌、ミニコミ誌、自費出版、豆本なんでも大丈夫です!!
日本で唯一(たぶん)の”人力移動式の旅本屋”旅する本屋「放浪書房」があなたの本を売り歩きます!!以下のメリット、デメリットを参照の上、ご連絡ください。                         
《放浪書房に本を置くのはこんな所がイヤ!》          
・はっきり言って、バカすか売れる本屋じゃない。(包み隠さず、始めに言っておきます。)
・掛け率が低い。
(基本6掛けです。死ぬ程頑張って7掛け・・そん時は店主血のオシッコが出ます)
・少部数しか取り扱えない。(基本人力移動ですので持ち運べる冊数に限りが・・)
※一度見本誌を送って頂き、放浪書房のコンセプト、販売スタイル、条件に合うか、何より面白いか判断させて下さい。
※基本に「旅」というテーマはあるものの他ジャンルでも店主が「ビビッ!」と来たらアリです。
逆に《放浪書房に本を置くとこんなに素敵!》
・買い切り!!(僕が実際に読んで面白い!売りたい!一緒に旅をしたい!って思った本。自分がお金出さずにお客さんに薦められる訳ないです。)
・とにかく目立つ!!
(他の書店では何万冊ある中の一冊。でも当店では少数精鋭!平置き!手書きPOP付き!キラ星のごとく輝きます。)
・お客さんの顔が見える!!(ご希望なら何処でどんな人が買ったか、反応は?blog上でご報告します。)
・実演販売!!
(これが1番のポイントかもしれません。”あ、お客さん、その旅イイですよ!”そんな風に書店で声かけられた事ありますか?)
以上。
《今、放浪書房と一緒に旅をしている本達》
・「野宿野郎」     
・「旅と冒険」     
・「spectator」(幻冬社)           ・「Dearキクチさん、ブルーテント村とチョコレート」 いちむら みさこ 著(キョートット出版) 
・「このようなやり方で300年の人生を生きていく—あたいのルンルン沖縄一人旅」 小川 てつオ 著(キョートット出版)  
・「沖縄人力紀行」藤本亘著(彩図社)               ・「行かずに死ねるか!」石田ゆうすけ著(幻冬社アウトロー文庫)
・「俺の旅—518日ニッポン縦断強制放浪 」和田虫象著(鉄人社)
・「ちょこ旅−京都」松鳥むう著(アスペクト)
「旅のかばん」
「愛しあおう、旅に出よう」高橋歩著(A−Works)
以上の本達は、作者や作り手の皆さんと実際に会って、お話を聞いて本としての面白さは勿論、熱意や遊び心を感じる本ばかりです!是非一緒に旅をさせて下さい!とお願いして置かせて貰っています。

20:04 | 店主 | その他 野宿   


_▲_