奴が北海道から雪を運んで来た件について
3

土日2日間の合併特大号のはずが、見事に中止、順延(順延日は3月28日!)となった古本フリマ「月刊放浪書房」。
何かと悔しかったので、先日の神戸、大阪ツアーで仕入れてきた旅本達を入荷させに津田沼ガレージセールへ向かいました。
いつも通りおもいっきし遅刻して店に着くと、レジ前に
熊!?
と見紛うデカい人影。
ホールドアップ!!武器を捨てて手を上げろ!膝をついて床に腹這いになるんだ!!急げ!時間がないんだ!
伸びた髭に日に焼けた顔、らんらんと輝く目に、巨体。何故か黄色いリュック?
ジャックバウアーなら職務質問無しで、速攻銃を突きつける見事な不審者…
って…
「たろう?!」
「たろうじゃなかね!?
あんた、ほんなこつこげな所でなんばしょっとか!?北海道行ってたんじゃなかと!?」
不審者の正体は熊でも、強盗でもなく友人の「たびたろう」でありました。
冬の北海道をヒッチハイクで旅していたけど、今日の月刊放浪書房の為に戻ってきてくれたのだと。
くぅーっ。泣かせるねぇ。
もつべきものは暇なヒッチハイカーだよなぁ。
「とみーさん、青山店長がメール送ったんですけど読みました?」
iPhoneのメールボックス開くと、
『一人、大分前から待ってます。ちょっといらいらしてる感じです。飛んだりはねたりしてます。』
というメール…
遅刻したお詫びにコンビニで買った50円のチョコをあげましたとさ。
おわり
あ、たびたろうの旅の模様は
http://ameblo.jp/taroutabi2/
そして、北は北海道、南は鹿児島までの旅と酒まみれの面白おかしい人達を集めたたびたろうプロデュースの「複合ブログホームページ」その名も…
「たびーる帝国」
http://ameblo.jp/tabeer/
はこちらね。
一応、放浪書房も仲間です。
一応、ホームページとは別に、近々『旅する本屋のつくり方』という放浪書房四年間の軌跡と言いますか、「日本初!路上本屋を目指す人の為の指南書」を書く予定。
「あ、書いちゃったよこの人(笑)」
と不敵に笑う管理人の顔が目に浮かびます。
どうぞお楽しみに。
IMG_6807.jpg

23:03 | 店主 | その他   


_▲_