2

四条大橋で知り会った、絆君。
ギター一本を持って沖縄を出発してから3年。
街から街を渡り歩き、路上ライブで稼いだお金で旅を続けています。残すは四国と奈良、兵庫で全国制覇との事。
彼について飲み屋、風俗店が集まる木屋町に移動します。
自分の中で30歳までって決めているんです。
全部の県を回ったら京都にアパート借りて働こうと思っているんです。
日が落ちる頃、彼のライブが始まります。
木屋町公衆トイレの前が彼の特等席。
尾崎豊が彼の十八番。
僕くらいの歳だと中学、高校生くらいの多感な時期に彼の歌を聴いているんですが僕は正直あまり縁がなくて、カラオケで友達が歌うのを聴く程度。でも今日、絆くんの歌で改めて詩の真っ直ぐさと不器用さに惹かれました。
僕が僕である為に、か。
放浪書房が放浪書房である為には。
何が必要? 定義は?
正直いつも靄がかかっていてスッキリ見えてこないんです。
でも、うっすらと向こうの空が明るいのは分かる。足元がおぼつかないんだけど少しずつ前に進むしかないのかな。
続けていくこと。
それが近道。
8時半に絆くんと別れて宇野ハウスにチェックイン。
すっかり定番になりました銭湯帰りの鴨川での反省会。
今回は事前の準備不足が目立ちました。
放浪書房のblogアドレス等を書いた宣伝用のカード。
定番タイトルのPOP作り。これは放浪書房の軸になるオススメ本の内容やオススメポイントを書くことでより放浪書房のカラーを解ってもらえるし、本を手に取るきっかけを作れます。実際、POPの内容に惹かれて買ってくれる人多いです。
やれた筈なのにやっていなかった。
うーん基本の部分を疎かにしていたと反省しています。
まぁ悪かった事はこのくらいにして良かったこと。
野宿野郎が放浪書房の顔になりつつある事。
これ加藤編集長喜ぶな。
次号の三行広告依頼たくさん来るといいんだけど。
現役旅人が沢山来てくれたこと。
旅の栞を東京の人がお土産に買ってくれたこと。
(京都土産に栞はいかが?全16枚セット〜円)
みたいなPOP作ったらどうかな。
あ、いいかも。やってみる価値あるな。99円ショップで色画用紙売ってるかな?
すぐやろう☆
という訳で途中ですがまた。
あ、今日の売上。野宿野郎4冊、文庫本7冊、栞3枚で
3450円。
何とか宿泊代と食費、風呂代は稼げました。
よーし☆明日は大文字焼きの場所取りも兼ねて出町柳で放浪書房。
雨降らないといいんですが(-.-;)

23:01 | 店主 | その他 野宿   


_▲_