ちょいと遡りやして・・
2

年の瀬迫る12月某日。
「旅豆」(旅する豆絵本)を置いてくれている都内のお店にご挨拶がてら、新しく作ったショップカードを置きに行きました。
三軒の内の二軒は動き無し★(-_-)
うーん・・何がいけないのかな?売り方?作り?アピール?
最後のお店は神保町にある地方の出版物、少流通書籍、ミニコミ誌を専門に扱う書店「書肆アクセス」。
あちゃー★何やら忙しそうに伝票作業してらっしゃいます。
(-.-;)
どうもー☆お世話になってまーす☆どうですか?売れ行きは!?アハハハ☆
とはとても切り出せない小心者の僕。
いやーまだ一冊も売れてないですねー★
なんて言われるのも、言わせるのも辛いもんがあります。
それに入れ代わり立ち代わり狭い店内はお客さんやら同じく委託の作家さんや作り手さんが訪れ、店の方は対応に追われていて、なんとも声がかけにくい。
先に心の準備が出来ている方がショックは浅いかと、お客のふりして売れ行きをチラと確認します。
あれ?φ(.. )
ん?1、2、3、4・・5冊?(。。;)
確か20冊納品している筈?f^_^;
勇気を出して店員さんに声をかけてみます。
いつもお世話になってます☆「旅豆」を委託販売させて頂いてます放浪書房です〜
あ〜放浪書房さん、お世話様です。ぼちぼち売れていますよ☆
ただ、4種類有るのに中味が確認出来ないの勿体ないので見本作りました。
との事。うんうん☆さすがです!
現場の声は参考になります!!
売れていてよかった〜☆
喜ぶと同時に買って下さった方に感想を聞きたい!
放浪書房を出していない時でも商品を売れる、色んな人の目に留まるのは凄く有り難いことだけど、やっぱり路上に帰ろう。また旅に出よう!!
そう思ったのでした。
謹賀新年☆今年もよろしくお願いしますm(__)m

22:35 | 店主 | その他   


_▲_