卒業式
4

初めて出会ったのは、友達に誘われて行った沖縄系旅本の出版記念イベントの会場。
エレベーターに乗り合わせたその人は僕の発した「野宿野郎」のフレーズに「ビクんっ!!」と反応しました。後姿からでも判るボヘミアンな風貌から発するただならぬオーラ。そしてそのトレードマークの黒ぶち眼鏡の奥がキラリ☆と光るのを僕は見逃しませんでした。
ムムッ!出来る!!何奴!?
直ぐに臨戦体制に入り、気付かれぬように懐に隠した伝家の宝刀★スイス軍御用達のアーミーナイフ「ビクトリノックス」に手をかけるも、爽やかな笑顔、揺れる前髪と共に発せられた言葉は
あれ?「野宿野郎」関連の方ですか?
僕は警戒しつつも氏素姓を名乗りました。
おぉー☆放浪書房さん!?知ってます知ってます!!初めまして!吉祥寺の「旅の本屋 のまど」のM月です。
何ぃー!?インターネットで見つけて一度行きたいと思っていた新刊と古書を扱う旅本の専門店じゃないか!!
何々、「出張のまど?」
あっ!野宿野郎も置いているじゃないか!!
とまぁ、動揺を隠せずにいる僕に、
そうだ!今日は本持って来てるんでしょ?会場に言ってスペース作って貰うからさ開きなよ!放浪書房!
あぁ!こんちきしょ〜め!!初対面の商売敵に何て寛大で愛に溢れるお言葉!!
実はこの日、放浪書房は間近に迫った「野宿野郎特約店になったよ記念☆中央線沿線野宿野郎手売り旅」の予行練習として大都市新宿で一発店開き!!と喜び勇んで来たものの、行く場所行く場所でシッシッ★と追い出されるはちめたい雨に降られるはで散々な一日だったのです。
M氏の暖かいお言葉は初春の柔らかな陽の光りのように心身ともに弱った旅の本屋を優しく包むのでした。
あの〜、そんなこんなでして、今日は「野宿野郎」以外の本は置いて来ちゃったんですけど・・・
あ、本当?じゃあ駄目じゃん★おもいっきりかぶるもん。
ね。素敵な出会い。
「旅する栞」委託で置いてみない?
はい☆喜んで!
面白いイベントあるから遊びにきなよ☆
はい☆いくいく〜!
「旅豆」置いてみる?
はい☆願ったり叶ったり!
とまぁ、この出会いをきっかけに「宿命の商売敵」という枠を越えて、色々と目をかけて貰い可愛いがってもらいました。
年が明けて、1月9日。
西荻窪にあるタイ料理のお店にM月氏を囲んで気のおけない仲間達が集まりました。
M月氏の同僚で、放浪書房に無理矢理野宿に連れ出されたり、コラボ企画で井の頭公園で野外ブックカフェを開いたり因縁深いT木女史。
放浪書房の先輩イラストレーターのむうちゃん。
野宿野郎の編集長K藤女史。
そして放浪書房とお馴染みの仲間達が集まって飲めや食べれや歌えや踊れやの宴をしました。
それは、M月さんの卒業式。
この日を最後にM月さんは「のまど」を退社したのでした。                                             貴方に出会えたのは放浪書房にとっては「素敵な予兆」でした。
自分のやろうとしている事を同業の憧れのお店の先輩が面白がってくれて、支援してくれた事、気にかけてくれた事、それがどれだけ心強くて嬉しかったか。
強がりと一人よがりのガリガリblogを毎日のようにチェックしていてくれた事もね。
旅から戻ってヒョッコリ顔出すと、
おー☆お帰り!!
また痩せた?
色黒っ!!
楽しかった!?
まるで親戚のお兄さんの家に顔出すみたいでした。
M月さん、のまどでの三年間本当にお疲れ様でした。
そして出会ってからの数ヶ月本当にお世話になりました。
そしてそして!どうぞこれからも放浪書房を宜しくです!!
最後になりましたが、卒業式という事なのでね、氏との想い出のシーンの数々を「呼びかけ」風にしてみました。
どうぞ皆様も★印の部分は氏の前途を祝福しつつ、唱和されたし!!
「店長の海外土産を〜!マズイマズイと文句言いつつ頬ばった!!」
「ブニブニしたキャンディー!!」
★(ブニブニしたキャンディー!!)(´Д`)
「人間不信寸前〜!!無理矢理騙して、脅して、連れ去った!?」
「T女史初めて野宿!!」
★(T女史初めて野宿!!)(´Д`)
「だれか警察呼んで!!謎の黒い未確認生物!?のまどに来襲!!?」
「父島帰りのむうちゃん!!」
★(父島帰りのむうちゃん!!)(´Д`)
「何が悲しくて職務質問されにゃいけんと!?
秋といえどもまだ暑い!!歩ける寝袋から〜!立ち上る臭いと湯気に〜!眼鏡が曇ったぁ!!」
「中央線野宿!」
★(中央線野宿!!)(´Д`)
「クイズ大会で〜!放浪書房まぐれの最多正解☆
表彰式で奇声をあげて隣りのHISに睨まれた!!」
「島旅トークイベント!!」
★(島旅トークイベント!!)(´Д`)
以上をもちまして、卒業式を終了致します。<(__)>

9:52 | 店主 | その他 野宿   


_▲_